Ch. Pontet Canet
シャトー・ポンテ・カネ

3.54

479件

Ch. Pontet Canet(シャトー・ポンテ・カネ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • プルーン
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • タバコの葉
  • レーズン
  • ドライフラワー

基本情報

ワイン名Ch. Pontet Canet
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン)
スタイルRed Wine

口コミ479

  • 4.0

    2020/08/10

    あまりボルドーワイン買わないですが、たまたまセールで見かけて購入。 一度試飲したこともあって、 ミント・植物系の清涼感のある香りが忘れられなかったのですが、今回もバッチリ感じる。 良ビンテージというわけでもなさそうなので、 もう十分と思いきや、開けたてはまだ若さを感じる。 1時間半くらい経って本領発揮。 インクのような濃さが有りつつも、清涼感のおかげで 爽やかさが凄い。 スペアリブ煮込みに合わせてしまったけど、そういうのよりも普通にオーブン焼き系の方が合いそうな予感。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/06/21

    父の日ということで、正統派ボルドーを選択。 まだまだ濃厚なタンニンに覆われていますが、徐々に朝日が昇るかのように色々なフルーツの要素が表出、魅惑のバランスが醸成されます(笑)。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.5

    2020/06/20

    某クラシックフレンチレストランの周年祭で久々の外食 これだけ食べてやっとお肉です。 大好きなポンテカネ 2008と合わせて。 ビオに転換してからか、柔らかくそれでいて、しっかりと男性的な趣。シェフはイケメン青年でしょ、と。納得。 宮崎だったかな?A5和牛は当然のように素晴らしい。とろけるとかではない、しっかりとしたお肉らしい味わいがありつつ、サシの甘味も感じます!

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/06/12

    ポンテカネ 2011。 十分な凝縮度、エレガントで雑味のない味わい。2011のボルドーのイメージを大きく超えたパフォーマンス。さすがです。 品の良い収斂性、香りは雄弁ではないものの適度な自己主張。粘り気を感じるブーケ。よくコントロールされていると思います。 温暖化の進展で旧世界はかつてないチャレンジを強いられていると思いますが、新世界的にならずにストイックな趣を保ちつつも気温上昇をメリットにしているのは流石です。 もっとトロピカルで奔放な感じになったり、けばけばしいのに芯が欠けるワインになったりしてないのは、生産者の努力と適切なテクノロジー利用のなせる技でしょう。 今の時代、近づきやすいヴィンテージの格付けボルドーは面白い選択肢になりそうです。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 3.5

    2020/05/03

    素晴らしい香り。清涼感もある。ドライで凄く美味い。とても複雑で、なんだなんだ?とやっているうちに、いつの間にかボトルが空くパターンのやつ。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 3.5

    2020/05/02

    散歩→昼ワイン→腕立て伏せ→散歩→昼ワイン→腕立て伏せ 。といった無限ループ。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 5.0

    2020/04/12

    Pontet Canet 2009 年。ロバートパーカーポイントは堂々の100点。ポイヤックのお高いワインです。 今朝は海辺を1時間半散歩して、プールサイドでリラックス。タイは夏ですが海辺の風が気持ち良い。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 3.0

    2020/04/09

    ポンテ・カネ2007年。 テセロン家の所有となって、設備投資を拡充して益々美味しくなっているビオディナミ シャトー。 抜栓したコルクの香りから芳しさを楽しめる♪ 黒みがかった濃いめのガーネット。やや赤茶けてきたエッジが好みの色合い。 カシス、丁子、ユーカリ、鞣し革の香り。微かな青さを感じるけど香りのベクトルが調和してして心地好い! 凝縮したビオ果実が熟成を経て大人の魅力を醸し出す。 豊富かつ適度にこなれたタンニン。 余韻に存在感を示すエレガントな酸味。 このような上品な成熟も良いなぁと改めて感じることができた♪

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/03/27

    (1995)

    シャトーポンテカネ 95

    シャトー・ポンテ・カネ(1995)
  • 3.0

    2020/02/19

    ポンテ・カネの2005年。 ふくよかな果実み。 身体に優しいナチュールさが美味しい! 鮮やかな黒紫色。 インク、乾いた樹皮、カシスの香り。 ドライな果実み。 乾いたタンニン。 引き締める酸味とのバランスが良い。 バランスの良い余韻が長く続いて幸せな時間♪

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.5

    2020/02/11

    持ち寄りワイン会。その8

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/02/08

    ポンカネの2009。WA100点のやつ。2010、2008、2003も飲みましたが、そこまでの違いがわかりません。神の舌がほしい…。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 0.0

    2020/01/18

    灯台下暗し! 地元の酒店で購入 思わず値札を二度見した

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/01/12

    (2016)

    次の一本は、続けてのポンテ・カネ。 今度はグレート・ヴィンテージの2016でございます。 ブルーの入る若いダークガーネットの外観。 なめし革の香りが強く、乾いたブルーベリーが脇を固める。時間の経過とともにそのブルーベリー香はハーブを引き連れて強まっていく。 すり潰したスミレの花のようなむせ返る芳香。 とても果実の厚みが深い。 タンニンは既に柔らかいが、この後閉じてしまいそうな面持ち。とても芳醇でリッチな味わい。酸味はアフターにかけて雄弁になり、果実を絡ませながら長い余韻を演出。 これはとても良いワインでございます。 果実の層がとても暑く、リッチで満足感が高いです。 2016のボルドー、かなりいい出来のような気がします。

    シャトー・ポンテ・カネ(2016)
  • 3.5

    2020/01/12

    (2012)

    久しぶりに頂きましたのは、 ポイヤックのポンテ・カネ 2012てございます。 ポンテ・カネをいただくのはいつぶりでしょうか。 やや弱めのヴィンテージ、2012度のように仕上がっているのでしょうか。 落ち着き始めたガーネット。 香水のような甘やかな香り。 タバコや針葉樹の葉のような鋭い香り。少し乾いた花やバルサミコ酢。 酸味、粘性は中庸。 アーシーで、とても心地よいフィネスを感じる。クレームドカシスの果実の層は柔らかく、横に伸びるミルクチョコの風味を伴う。 アフターには微かなミントの清涼感を感じる。 とても丁寧に作られたよいワインです。 ポンテ・カネ、なかなかのお値段です。 この値段であれば、少し背伸びして2級シャトーか欲しくなってしまいます。

    シャトー・ポンテ・カネ(2012)
  • 4.5

    2020/01/04

    今年初めワイン? 今年も美味しいワイン飲めるように頑張るぞ!

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2020/01/02

    (1995)

    シャトーポンテカネ1995 ボルドーの優良ヴィンテージ 外観はオレンジがかったガーネット香りは複雑味があり杉やカシス、甘草など。 味わいははじめはみずみずしさがあり香りの割に軽いと思ったが、徐々に深みが出て美味しくなっていった。

    シャトー・ポンテ・カネ(1995)
  • 3.5

    2020/01/01

    (2013)

    まだまだ若い。 まだまだ元気! 2日目以降が絶対オススメ。

    シャトー・ポンテ・カネ(2013)
  • 3.5

    2019/12/31

    (2006)

    令和元年の最後に。 素敵な酸味が良い ボルドー5級 過去色々あったらしいが最近は革新的なワイン造りに取り組んでいるらしい

    シャトー・ポンテ・カネ(2006)
  • 2.0

    2019/12/31

    評価は高いようだけど、、?軽くて酸っぱいワイン。香りはまあまあ。若いからかな

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.5

    2019/12/30

    (2006)

    価格:14,000円(ボトル / ショップ)

     クリスマスにかこつけてまた飲んだポンテカネ。これまではあまり感動したことのない銘柄だが、この2006年は良いかも。左岸らしい醤油や出汁だけでなく、ほんのりフルーツなジューシーさもある。今まで飲んだポンテカネで一番。ジェロボアムスで98ポンド(14000円くらい)。93点。

    シャトー・ポンテ・カネ(2006)
  • 4.0

    2019/12/05

    2010年‼️近いうちに2009年も開けます。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 3.5

    2019/11/23

    07年は既にいい感じですね。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 5.0

    2019/11/22

    (2002)

    とーっても美味しかった。まろやかさ、香り、全てがバランス良く最高でした。うむ。

    シャトー・ポンテ・カネ(2002)
  • 3.5

    2019/11/10

    (2009)

    価格:30,000円 ~(ボトル / ショップ)

    ヴィノスやまざきグランヴァン対決。 とても滑らかなタンニンで飲み疲れしない。凝縮感のある香りに少し野生味のある香り。

    シャトー・ポンテ・カネ(2009)
  • 4.5

    2019/11/01

    (2008)

    すばらしい香り

    シャトー・ポンテ・カネ(2008)
  • 4.0

    2019/10/08

    (2012)

    名古屋遠征☆ 江川さま旅立ちの会@ シンジ・コガさん お次は、アトリエ空さまのボルドー、シャトー ポンテ・カネの2012年。 61シャトーの中で実はかなり好きです。ビオディナミを実践。華やかなアロマという表現がまさにぴったり。若くても十分楽しめるリッチな果実味と滑らかな味わい。カベソー比率が高いはずなのですが、タンニンがしがしっというより、柔らかいという印象でした。 とても美味しかったです。そして、空さん、ようやくお会いできて嬉しかったです。可愛いカヌレもご馳走さまでした♪ またどうぞ宜しくお願いいたします。

    シャトー・ポンテ・カネ(2012)
  • 4.5

    2019/10/05

    この1週間で3本目のポンテカネ、大好きだからなんどでも(^^)今回は2012。

    シャトー・ポンテ・カネ
  • 4.0

    2019/10/05

    (2004)

    価格:14,000円(ボトル / ショップ)

    誕生日にかこつけて久しぶりに飲んだ高級ワイン。昔何度か飲んだ銘柄だけど、取り立てて特徴がない印象を抱いていた。そしてその印象は今回もあまり変わらす。醤油のニュアンス、辛口でキリッとしててピンと背筋が伸びた感じ。高級感はあるけれど、もう少し優しく華やかでジューシーな方が好き。リアルワインガイドで高評価だったり値段がどんどん上がってる理由がよく分かりません。ジェロボアムスで100ポンド(14000円くらい)これより安くて美味しいワインはたくさんあると思います。90〜91点。

    シャトー・ポンテ・カネ(2004)
  • 4.5

    2019/10/05

    いい感じに熟成

    シャトー・ポンテ・カネ