Ch. Lafite Rothschild
シャトー・ラフィット・ロートシルト

3.87

549件

Ch. Lafite Rothschild(シャトー・ラフィット・ロートシルト)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • プルーン
  • ドライフラワー
  • レーズン
  • 腐葉土

基本情報

ワイン名Ch. Lafite Rothschild
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Merlot (メルロ), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイルRed Wine

口コミ549

  • 5.0

    2021/02/22

    (1942)

    1942年のLAFITE. こんなワインを頂けることに、こんなワインに出会わせてくれた方に感謝しています。 * 悲しいのは、所謂「飲み頃」のLAFITEを飲んだことがなくて笑 これがピークと比べてどうなのかがわからない; でも私にとっては、これだけの年月を経ても、未だにピークと言えるほど素晴らしいです❤︎ (ちゃんと向き合いたくて、今回はテイスティングコメント残していません。)

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1942)
  • 4.5

    2021/01/22

    (1995)

    またまた婚約者の誕生年シリーズ。 飲み頃1995年 グラスに注いだだけでウットリ。 様々な熟成香、品良くもパワフルで余韻が長い。 静かな夜に2人で楽しめる幸せ。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1995)
  • 4.0

    2020/12/26

    圧倒的にパワフルな存在感。 まだ若い!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 3.5

    2020/11/01

    1985ヴィンテージ 生まれ年ワイン 私が大好きなご飯屋さん。祇園大渡にて、 【大渡さんの出汁VS最高級ボルドー】 と言う謎の企画で持ち込んだ一本。 液面がかなり沈んでおり、35年モノという事で不安もあったが、抜栓には苦労したものの一杯目から全く死んでいないポテンシャルを見せつける。 カベルネの芳醇さ、まろやかさ、濃厚さを見せつけながら、奥の方に眠るハーブ臭とレザーの様なアロマが開いていくと共に、コクとキレを担う様になり、最高級の六角形バランスに。 ただ… 完全に開き切る前に大将と僕のぼけぇが手酌始めて最後までテイスティング出来ずにただの酔っ払い製造機になった惜しいワイン(;´Д`)

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 5.0

    2020/10/21

    1000投稿♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 4.5

    2020/10/09

    ラフィット\(^^)/ 97年はオフヴィンテージといわれていますが、とっても美味しかったです♪ この強烈な香り、美味しいワインしか放たないやつー(* > <)⁾⁾ ハーブ、墨、トリュフなど…クラシックで凛として高貴ですね~✨✨✨ いつか当たり年もいただきたいです~( *´ᵕ`*).。o♡

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 4.5

    2020/09/12

    (1990)

    プティ・ガラ・ワイン会。 ボルドー三連戦。2000、1995と続いて頂いたのはシャトー・ラフィット・ロートシルト1990年。 エッジが少しブリック掛かったとても綺麗なガーネット色。 熟成ポイヤックらしいカシスにグラファイト、ミント、西洋杉にトリュフやブラッディなミート等に酸味を感じる様なとてもマルチ・ディメンショナルなアロマ。 ラフィットらしい、とてもエレガントなエントリーで、ヴェルヴェトなテクスチャーから柔らかい少しのタンニンを感じ、とてもクラシックなボルドーらしい佇まい。余韻も品良く長く、正に品格のラフィットそのものでしょうか。 ムートン、ペトリュス等の未だ熟成しきらないワインとは違い、とてもマチュアで安心・安定感のあるラフィット。正に王道の風格漂う素晴らしい仕上がり感でございました。 ブルゴーニュ、ボルドー共皆さん適当に持ち合わせいたしましたが、面白い偶然の5年のヴィンテージ違いでした。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1990)
  • 5.0

    2020/09/09

    87 ラフィット なんといっても香る。 スケール感、比べてのむと余計にわかる。 ラトゥールとは正反対のようなたおやさかで圧倒してくるのは、本当の度量なのかもしれません。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 5.0

    2020/08/30

    (1998)

    5大シャトーのトップ、Chateau Lafite Rothschild の1998年ビンテージ。ロバートパーカーポイント98点です。従ってとてもお高いワインです。❣️ このワインの評論には、アーモンドとスミレの香りがすると言うのが定番の表現の様です。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1998)
  • 4.0

    2020/08/15

    (1981)

    1993年5月に小田急(たぶんハルク)にて12k程で購入。 30年近く経っていますが、アリッジもとても少なく、状態は非常に良いです。(もう1本有るのですが、ほぼ同じ状態です) ゆっくり時間をかけて飲みましたが、とても素晴らしいワインです。何しろどの時点でも、とても品が良くて洗練されています。いかにもラフィットらしいですね。 柔らかく美しく仕上がっていまして、古酒の雰囲気はありません。飲み頃です。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1981)
  • 5.0

    2020/08/15

    香りが深い。口当たりまろやか、口に含むと鼻にぬける酸味渋みを感じるが、すーっと消えていき柔らかで滑らか。 シガーや西洋杉を思わせるような洗練された優雅な香りが立ちのぼり、まろやかなタンニンが優しく舌を包み、華麗できめ細かい味わいに圧倒されるようになります。さらに、エレガントな余韻がいつまでも続くかのように感じられるのです。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 5.0

    2020/08/13

    さきほど、愛猫が、17歳で、旅立ちました。 今夜は、これしかないでしょ\(^o^)/ 確か、1992年多雨の年 評価は、イマイチかと思いますが、やっぱり至高のボルドーですな \(^o^)/ じっくり、堪能したいと思います!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 4.5

    2020/08/12

    (2011)

    エノテカで特別テイスティング、30ml7150円。5大シャトー飲むのも数年ぶり2回目、ラフィットは初めて。綺麗な余韻が長く続くのが印象的でした。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(2011)
  • 4.5

    2020/08/02

    (1973)

    ありがたやありがたや夏休みワイン企画第二弾でございます。 知人がワイン庫から出してくれたラフィットを飲もうということで昨日は73年のラフィットでした。 開ける前から液面の状態が非常に良く期待が持てます。知人にとっては73年が昔飲んだ初ラフィットだったらしく、自分にとってはこれが初ラフィットです。 抜栓するとたちのぼる強烈なアロマ。はじめは木苺などのベリー系の香りと枯葉がミックスしたような香り。時間とともに変化していきスミレの花、バナナ、ほのかにカラメル。タバコのニュアンスが加わっていき最後は全体が調和しながら終わって行きました。 色合いは多少の古酒感はありますがくたびれておらずうすいガーネット色でほのかにオレンジのエッジ。非常に美しいです。 味わいはしっかりとしたタンニンに支えられ酸味、甘みが絶妙にマッチしてます。初めは良い意味でアルコールしっかり舌感じだんだん調和していきます。 前に飲んだラトゥールに比べると方向性としてはミディアムボディほどのどっしりではなくしなやかな、やや女性的なワインに感じられました。するするとどこまでも入っていくシルクのような口当たりに飲み心地。古酒ならではですね。 いつまでも嗅いでいたい香り。素晴らしいワインでした。 ごちそうさまでした!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1973)
  • 5.0

    2020/07/22

    (1870)

    1982年を使ってリコルクされたらしいです! 人生1回のスペシャルな体験でした。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1870)
  • 4.0

    2020/07/11

    シャトー ラフィット・ロートシルト 1991年 ヴィニカ900本記念で。 90年代不景気で、いいワインが日本でも良心的な値段で買えた時代に購入した、ロートシルド蔵出し、という思いでの一本。 とてもふくよかな香り。タンニンは溶け込んでスーと入ってくる。のみごろは既に過ぎてます。古酒として。普段飲んでるのと別もんですね。 コルクはしっかり染み込んでいるのに、表面はとてもきれい。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 2.5

    2020/07/05

    2002ヴィンテージ ご飯のお供に1時間半でラッパ飲みとかしちゃダメなやつ…

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 2.5

    2020/07/05

    【セラー保管】 生まれ年ヴィンテージ

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 4.0

    2020/06/03

    (1999)

    杉、クリーム、カシスの優しい香り。澄んだ味わいで、調和がとれている。派手な装いはないが、それでもなお溢れ出る品格が、より王としての風格を際立たせる。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1999)
  • 5.0

    2020/05/23

    (1998)

    生きて来て良かったです(^^)

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1998)
  • 5.0

    2020/03/12

    (1978)

    うるう年 白猫赤蝶ワイン会in神戸⑤ tomokazuさんよりシャトーラフィット'78✨✨ 人生2回目のラフィットです!40年の時を超えて抜栓されます(*゚∀゚*) タンニンが柔らかく喉をするりと抜けて行きハーブなどの青さもあり気品ある素晴らしい赤ですね✨お肉との相性バッチリ‼️ tomokazuさん、おご馳走でした!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1978)
  • 4.0

    2020/03/07

    (1979)

    40年寝てても、、美味しい... ワインの凄さを改めて感じた。 また、Bordeauxの力強さを。 開けた瞬間からあまり寝てなく香りはしっかり出てて、でも、2時間後から更に広がりが。 当然、香り味は他の5大シャトーと少し違ってファフィットらしく軽い華やか。 40年ものだが最後まで味が落ちないのもすごかった。 ただ、過去に飲んだ1975の良さには敵わなかった。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1979)
  • 4.5

    2020/03/06

    神戸ワイン会♡ シャトー・ラフィット・ロートシルト1978年 tomokazuさんの持ち込みワイン〜 プラムや干しぶどう、トリュフやスパイス〜 色んな要素が溶け込み複雑で奥深い(^o^) そしてとってもエレガントでしなやかな口当たり✨ ボルドーの頂点に君臨するといわれるラフィット〜 ありがたく頂きましたm(_ _)m tomokazuさん、素晴らしいワインありがとうございました!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 4.5

    2020/03/05

    (1978)

    うるう年、白猫赤蝶ワイン会⑥ tomokazu泡王子に赤をリクエストしたら すんごいのを持ってきてくれました♡ シャトー・ラフィット・ロートシルト1978 メドック格付1級 ポイヤック カベルネ・ソーヴィヨン70%、メルロー25%、カベルネフラン3%、プティヴェルド2% 42年前の古酒だから、抜栓するまで不安だ〜と おっしゃってましたが、液面も下がってなく コルクも健全。 ボトル口の香りを先にクンクンしましたが コクのある完熟フルーツやナツメの香り 絶対に大丈夫〜〜〜\(//∇//)\ もうお気づきでしょうか? タイトルに、赤蝶と入ってますでしょ? ブラックベリー、甘い香りから、焦がしたナツメ、枯れ葉やシガー、キノコなどの土っぽいアロマ。 ゆっくり注いでいくと、少し茶褐色よりのガーネット。穏やかなタンニンが長い年月を経て、グラスに王者として現われました。 はぁ、これが憧れのラフィットですか〜(*゚▽゚*) ボルドーの最高峰、フランスのアイデンティティのようなこのワインは、香りやニュアンスを愉しむものなのだと、深く感心させられました。 まさかほんとにいただけるとは思いませんでした 泣けるぐらい嬉しかったぁー tomokazuさん、ありがとうございました

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1978)
  • 4.5

    2020/03/01

    (1978)

    閏年ワイン会 in KOBE \(^o^)/✨✨ 最初の赤ワインは、tomokazuさんの持ち込み それを見て… ぎょえ~ ドッカーン シャトー ラフィット ロートシルト 1978 五大シャトー筆頭、ボルドーの真髄と言われるワインの78年ですか… いやいや、いつも有難うございます <(_ _)> プラムやカシスの甘い香り、タンニンは完全に溶け込んでいて、とても柔らかい口あたり ♡♡ ホント 今日はなんの日ですか~ ︎⤴︎ ⤴︎ もうビックリ&ラッキーでした✨

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1978)
  • 4.5

    2020/03/01

    (1978)

    シャトー・ラフィット ロスチャイルド 1978 閏年ワイン会⑤ 凄い!凄すぎます❗ 抜栓~ゆっくりドキドキ~成功!流石です❗tomokazuさん~有り難うございます❗ コルクに酒石~エレガントな紫色と相まって 美しいです❗ ほんの少し枯れたルビー色! カシス 杉 タバコ 落ち葉~確認しました❗ タンニン綺麗に溶け込んで 滑らかで 余韻がエレガントに続きます! はい!お代わりしました( *´艸`) 美味しく 美味しい頂きました❗

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1978)
  • 3.0

    2020/02/07

    (1999)

    20世紀最後の皆既日食を記念して「ECLIPSE(エクリプス)太陽・月の食」のデザインがボトルに描かれたボトル。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1999)
  • 4.5

    2020/02/04

    うぉーい!

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • 5.0

    2020/01/11

    (1996)

    Château Lafite-Rothschild1996 PP100 グラスの向こうが見えない濃い色合い。 青く、タニックな香り。 石や岩、少し埃、シダーウッド、詰まった果実。 口にするとキャラメルの様な甘さ、シルキーなタンニン、強く濃い果実味。 とても長い、悠に1分は続く長い長い余韻。。。 このワインは自宅セラーにあるがまだ開けなくても良さそうだ。 Château Lafite-Rothschildを100年前から年代別に頂く機会を得た。 全てのワインに共通した芯があり、骨格のしっかりした、凛とした姿勢のスタイルがある。 Château Lafite-Rothschildには決して項垂れない品格がある、と思う。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1996)
  • 5.0

    2020/01/11

    (1986)

    Château Lafite-Rothschild1986 PP100 深い濃さのある色合い。 芯のある強く、硬い香り。 口にするとコーヒー、煮詰めたイチジク、甘い果実味、塩っぽい石。 とても詰まった味わいだが、丸い。 甘さを強く感じ、コルギンの様な強さにシルキーな口当たり。 とても長い果実の余韻。。。 これが良年のChâteau Lafite-Rothschildと確認。

    シャトー・ラフィット・ロートシルト(1986)