Ch. Cantemerle
シャトー・カントメルル

3.23

509件

Ch. Cantemerle(シャトー・カントメルル)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • カシス
  • ブラックベリー
  • 木樽
  • プルーン
  • ブルーベリー
  • ブラックチェリー
  • なめし皮
  • 黒コショウ

基本情報

ワイン名Ch. Cantemerle
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Cabernet Franc (カベルネ・フラン), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイルRed Wine

口コミ509

  • 3.0

    2019/10/31

    (2015)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    シャトーカントメルル15 家飲みです。 良年のボルドーで、このクラスのワインを早めに開けることは昔からやってます。 若々しくも角は立っておらず、樽の風味や果実味の充実感、まろやかなタンニンで美味しいです。 長く熟成させるも良いし、若い良さを味わうのも良く、重宝するワインです。 ☆3.4です。

    シャトー・カントメルル(2015)
  • 3.5

    2019/10/26

    (2012)

    価格:3,218円(ボトル / ショップ)

    シャトー カントメルル 2012 オーメドック PP89-91 アタックは柔らか。 目の詰まった果実味。 樽感も程よく、タンニンも比較的穏やか。 何かが主張し過ぎることもなくバランス良し✨ 正に今、飲み頃な感じです(^^) ボルドー苦手な方にも勧めたいですね。

    シャトー・カントメルル(2012)
  • 3.5

    2019/10/12

    (2008)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    2008オー・メドック CH.カントメルル

    シャトー・カントメルル(2008)
  • 2.5

    2019/09/14

    どうでもいいが、マコー村とマカオは同じスペルなのね。先般、ゴルフで後輩に誤球されました。(5級)

    シャトー・カントメルル
  • 3.5

    2019/09/07

    (2014)

    さっきのうつす

    シャトー・カントメルル(2014)
  • 3.0

    2019/07/07

    (2012)

    カントメルル2012 まだまだ若く光を通さない 果実はカシスが強く、次いでブルーベリー タバコ、藁と並んで杉、ミントもはっきりとわかるほどあるが、皮や肉はあまり感じられない 果実が硬く、まだ時間を要するが緑系の爽やかな香りが多少重さを軽減している グラスからは取りづらかった黒胡椒や肉がアフターでは感じられる タンニンは香りの印象より角が取れていて案外スムース 酸はタンニンよりは溌剌としている 格付シャトーとしてはかなり安価な部類に入るが、小粒ながらバランスが取れており、気軽に楽しみやすいつくり 長期熟成に耐えうるタイプというよりはやや軽めで10〜15年くらいあたりでさっと飲むのがよいのかもしれない '07あたりが手に入れば面白そう

    シャトー・カントメルル(2012)
  • 4.0

    2019/07/04

    自分で購入した初メドック5級、やはり品格を感じます

    シャトー・カントメルル
  • 3.5

    2019/06/24

    (2005)

    グレートヴィンテージ2005の第5級シャトー、シャトー・カントメルルです。 メルローの比率が相応に高いからだと思いますが、スケールはこじんまりとしているものの、可愛らしくチャーミングな作品ですね。 2日に分けて戴きましたが、2日目の方がスミレの花畑を想起させる芳しい芳香が良く出ていて、テイストもこなれていて美味しく戴けました。 料理の写真は、土曜日の日中に子どもたちがお友達の誕生日会に呼ばれていて不在でしたので、以前から行ってみたかった地元のイタリアンのお店で嫁さんとランチした時の写真です。 サーブが遅いのが少し気にはなりましたが、なかなかリーズナブルでしたし、地元史上最も美味しいお店でしたので、今度は子どもたちも連れて家族で行きたいなと思っています。 ご馳走さまでした。

    シャトー・カントメルル(2005)
  • 3.0

    2019/06/01

    (2001)

    この日の持ち込みワイン会の私の持ち込み、カントメルルの2001年です。 スケールは小さいながらもバランスの良いボルドーです。

    シャトー・カントメルル(2001)
  • 3.5

    2019/05/25

    (1995)

    Ch カントメルル 95〜綺麗な熟成、紅茶で戻したドライプルーンや燻したレザー、ほんのりヴァニラ 軽くスモークされた鴨のローストと♫

    シャトー・カントメルル(1995)
  • 3.5

    2019/03/25

    (2011)

    昔は良く飲んだカントメルメル(メルル!)。 タイトな仕上がりでクールなボルドーだぜ。 スケール感はないけどきちんとボルドーしていて好感度大。 藁焼き肉に良く合う。藁、なくならん…。 料理に合わせて一晩に二本も開けるなんて、ゼイタク(^o^)

    シャトー・カントメルル(2011)
  • 2.5

    2019/03/12

    (2014)

    ボルドー格付け61シャトー全制覇の旅 第2回 この日はオー・メドックを攻めていきました。最後はシャトー・カントメルル 2014年 わー、香りからして好みから外れました、すみませんっ。ボルドー金賞のシール貼ってあるような昔懐かしいテーブル・ワインの樽の香り、安っぽいお味で渋い(>_<) アピシウスの情野ソムリエは、飲みやすくてバランスがよく、丸みがあり、メリハリしっかりという解説ではございましたが、かなり苦手でした。 自分の紐付けみても、以前の感想も、安っぽいだから、味覚のブレがある意味ないかも(^^) 11時から13時のこのクラス、終了後にお腹が空いたので、帰りは久しぶりにラーメン仙花の塩タンメン。自由が丘に住んでいたときに、たまにふらりと立ち寄った懐かしのお味。シンプルだけどお野菜たっぷりで美味しいのです☆

    シャトー・カントメルル(2014)
  • 3.5

    2019/03/07

    (2008)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    オーメドック シャトー・カントメルル 2008 ハーフにて 酸味渋味ともに柔らかい感じ、香りも果実っぽさから変わっているようだが、よくわからない… 10年過ぎてイイ頃合いかも

    シャトー・カントメルル(2008)
  • 3.5

    2019/02/18

    (2015)

    滑らかでオイリーで美味しいですね(๑´>᎑<)~♡

    シャトー・カントメルル(2015)
  • 3.5

    2019/02/12

    (2005)

    ネギトロ巻きともいけた。

    シャトー・カントメルル(2005)
  • 3.5

    2019/01/29

    (2014)

    憧れの名店、柳家さんへ✨⑦ 終盤に差し掛かり、、 鴨鍋と格付けボルドー✨ シャトー カントメルル。。 囲炉裏の炭を減らして火力調整、、 天井から吊るした縄に引っ掛けて みんなでお鍋を囲います♡ ブルゴーニュグラスからボルドーグラスに持ち替え、すこーし仕切り直し♪ 赤みのある若めのお色✨ くっきり輪郭ある濃いベリー、 摘み採る前のラズベリー⁇ すこーし、 葉っぱの香りが残ってる感じがします(^^) タンニンをしっかり感じるけど、 こういうのも嫌いじゃない♡♡ 温かい鴨鍋と一緒にいただいたからかな⁇ 口中で温度が上がって、 グラスから立ち上る香りよりも、 鼻に抜ける香りの方が格段に芳醇✨ 鴨鍋には七味をかけて。。 この薬味の香りも良かったですー♪ 飲み終わったグラスには たくさんのオリ(^^)✨ 美味しいワインでした! そうそう、ボルドーの話をしていると 「この間、〇〇年のペトリュスが6本入荷したんですよー」って… えー! それ、私の生まれ年✨✨ 生まれ年のペトリュスなんて、、 いつかどこかで飲んでみたいものです♡♡

    シャトー・カントメルル(2014)
  • 3.0

    2019/01/27

    (2011)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    メドック5級 突出した個性は感じないけど 適度な酸味と円やかな渋み 柔らいアタック スムースな飲みで重さを感じさせない 普通に(いい意味で)美味しい メルロー比率が高そう

    シャトー・カントメルル(2011)
  • 3.5

    2019/01/26

    良い香り。美味しく頂きました。ふるさと納税でもらった黒毛和牛とともに。

    シャトー・カントメルル
  • 3.0

    2019/01/15

    (1989)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    新年会のトリを飾るのは平成最後の年に飲むに相応しい、平成元年(1989年)のシャトー・カントメルル。 メドック格付け5級。それも滑り込みの格付け入り。蘊蓄を語るには持ってこいのシャトーですね(笑) 澱を沈めるために、出来れば1週間以上前にお店に持ち込んでおきたかったところですが、お店のタイプや扱いの心配(ワインの提供がほぼ無いに等しい観光客向けの和食料理屋さん)もあったので、持ち込みは当日の開宴3時間前。デキャンタも持ち込み(笑) ドキドキしながらキャップシール全剥がし。コルクの下1/3は液体が染みている。斜め方向にスクリュー貫通→ちょい戻し空気を入れる→慎重にコルクを抜いていくもやはり途中で折れる。これも想定内。残ったコルクを落とさないようにスクリューの回転方向のみに力をかけていく。慎重に引き上げようやく抜栓。そしてデキャンタージュ。沈み切らなかった澱が底から2cm以上あったため少し勿体ないが残す。 若々しさすら感じさせるやや明るめのガーネット。エッジの色合いも30年の時の経過を表しているようには見えない。 ドライプルーン、乾燥イチジクなどの干した黒果実の甘い香りとレザー、腐葉土。 しっかりと果実味が残っておりタンニンはとうに溶け込んでいる。酸はやや締まりに欠けた印象だが複雑な味わいは30年の熟成の恩恵か。 飲み頃は過ぎてるのだろうが、存在感・スケール感を存分に感じさせるボルドー古酒でした。あ、そう言えばメドック格付け自体が初体験でした(/´△`\)

    シャトー・カントメルル(1989)
  • 3.0

    2018/12/30

    (2011)

    今日は、ちょっとだけいいワインを 今年もあと1日 充実した時間を過ごしたいです

    シャトー・カントメルル(2011)
  • 3.0

    2018/12/30

    (2005)

    まだ行けそうだけど上がるかなぁ?

    シャトー・カントメルル(2005)
  • 3.5

    2018/12/24

    ブラッセル会 その3。

    シャトー・カントメルル
  • 3.5

    2018/12/23

    (2012)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    シャトー・カントメルル 開けた直後から香り豊か、だった気がする

    シャトー・カントメルル(2012)
  • 2.5

    2018/12/20

    ベンジャミンステーキハウス

    シャトー・カントメルル
  • 3.5

    2018/12/10

    (1998)

    つぐみ〜

    シャトー・カントメルル(1998)
  • 4.0

    2018/11/29

    (2014)

    しっかりとした飲み口はボルドーらしい。もう一度飲みたい。

    シャトー・カントメルル(2014)
  • 3.0

    2018/11/15

    (2015)

    メドック5級カントメルル 2本目からは赤です。悪くはないですがまだまとまっていないような…8時間前抜栓だったそうですが、最後まで表情変わらずでした。

    シャトー・カントメルル(2015)
  • 3.0

    2018/11/07

    (1974)

    BVC総会にて。カントメルルの74年です。控えめな果実味と枯草のニュアンスは74年の特徴ですがこちらもイメージに違わずです。生まれ年の愛着かも?ですが私は結構好きなスタイルです(笑)

    シャトー・カントメルル(1974)
  • 3.5

    2018/09/29

    シャトー・カントメルル2011。 家で焼肉する時はカントメルル率が高い気がします。 牛肉の脂を円やかなタンニンが中和してくれるので食が進みます!

    シャトー・カントメルル
  • 3.5

    2018/09/13

    (2011)

    正統派ボルドー。5級。メルロー比率が高めのため、タンニンはそこまで強調されず。余韻は中程度。

    シャトー・カントメルル(2011)