Ch. Cambon (M. Lapierre) Beaujolais Nouveau
シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー

2.95

247件

Ch. Cambon (M. Lapierre) Beaujolais Nouveau(シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • ブラックチェリー
  • スミレ
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • バラ

基本情報

ワイン名Ch. Cambon (M. Lapierre) Beaujolais Nouveau
生産地France > Bourgogne > Beaujolais
生産者
品種Gamay (ガメイ)
スタイルRed Wine

口コミ247

  • 3.5

    2020/12/12

    (2020)

    美味しーい

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2020)
  • 4.0

    2020/11/23

    ストロベリー?

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.5

    2020/11/21

    (2020)

    フルーティさは影を潜め、 フレッシュな酸味と優しいが野趣に富む風味 重厚感もあり 悪くない 来年もリピあり

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2020)
  • 3.5

    2020/11/19

    (2020)

    ひと言で表すなら、愛すべきラピエール。今年のラピエールは甘いですね。でも濃くて甘いと敬遠してしまいそうなところを、果実の甘味、ほどよい酸味が可愛らしく、全体のバランス感がいいです。美味しくて、思わず何度もお代わりです(笑)

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2020)
  • 3.0

    2020/06/07

    (2017)

    個人的デイリーにはじゅうぶん旨いが少し前飲んだ′16より格落ち感がありますが( ゚д゚)オリの量が少ない。 個体差とは思われますがこの方のヌーヴォーは熟成向きと思ってます。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2017)
  • 3.0

    2020/05/08

    (2016)

    経年のおかげか密やかなキャンディ香♪( ´θ`)ノガメィ的な好みじゃない香りと少々ゴム臭でも飲み口は伸びやかなミネラルとぶどうの皮そのもののの渋みな味わいw こりゃ旨い。アタリです(*゚▽゚)ノ こちらのボジョレーヌーヴォーは流通量が多いので(と思ってる)千円以下の安売りがあると買うことにしてます(゚∀゚)

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2016)
  • 3.0

    2019/12/03

    (2019)

    あっ、甘い。 かっ、軽い。 色鮮やかで、 フルーティー。 葡萄(ジュース)感、強い。 教えてもらった白子のソテーが、美味しくていい感じ❤︎

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2019)
  • 3.0

    2019/11/30

    Ch. Cambon (M. Lapierre) Beaujolais Nouveau ガメイ飲み比べ 飲み比べ最後のもの。香りはもっとも強くよい。若々しい感じの風味でタンニンは強くないバランスのよさ。 鳥レバーと練り物揚げをお供にいただきます。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 2.5

    2019/11/24

    (2019)

    ボージョレを代表する生産者の一人マルセル・ラピエール氏。氏の亡き後は奥様と子息マチュー氏が変わらずに高評価のワインを造っているそう。 キャンディーっぽいフルーティーさが抑制されていて、バランス良くまとまっている感じ。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2019)
  • 2.5

    2019/11/21

    令和最初のボジョレー フレッシュで、甘味を感じる

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 4.0

    2019/11/21

    キレイな酸、happy Beaujolaisー

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2019/09/19

    (2018)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    約10ヶ月前のヌーボーを頂きました。すごく苺ジャムそのもののような香りです。とろりとした赤い果実ですね。 渋みは控えめで、それでいてとても落ち着きのある果実味に変わってる気がします。飲み口は去年と同じく、一昨年よりもコクがあります。そして、チェリーや赤紫花の余韻も。これ美味しいですね(^^)半額だったから余計に美味しい(笑) あら?枝豆に合います!なんだか甘華やかー。イワシのトマト煮も平気ー。やっぱ、赤とか白とかじゃなくて、魚との相性は葡萄の種類なのでしょうか?色々探ってみよっと☆ それにしてもほんと苺ジャム感が美味しいです。最後に少し酒石酸の結晶が滴りました。 そんな感じのワイン。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.0

    2018/12/31

    ボジョレーヌーヴォー! 安くなってきましたね!来年になったらもっと安くなるのかなぁ?などとセコいことを考えてしまいます(笑) イチゴキャンディとさくらんぼ。 黒ベリーにお砂糖、シナモン、プルーンの皮。 柔らかな旨味の広がり、軽めでさっぱり。 少しタンニンがボジョレーヌーボーにしてはあります。好きな味わい、でも果実味はもう少し欲しいかなぁ〜。ミネラリーでドライ、冷涼感のある味わい。 2日目の方が美味しそうと予想しますが、無くなりました。 で、気がつきました。これ、ちょっと前に飲んどるやん(笑)ラベルの違いで気がつきませんでした。紛らわしい! そして…コメント結構違うやん(笑)流石はビニカの埃テイスター(笑)

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2018/11/25

    (2018)

    IKEAワインでは飲み足りず、かつ、社内でのワイン普及活動の一環で数日後にボジョレーヌーボー王決定戦飲み会の開催を企画したのでボジョレーヌーボーを購入しに近くの酒屋さんへ。 ルイジャド、ラピエール、パカレ、コサール&デスコンブの四つを試飲したらパカレ激ウマ!ルイジャドは売り切れ、フレデリックはやけにハービーなので、ラピエールとパカレを購入。ヌーボー王にはパカレを出すことに。 さてさて、ラピエール。 少し冷涼感の感じる香り、黒青ベリーのエキス香…開けたては少し豆の還元。 透き通ったエキス感、思いのほかしっかりとしたタンニンが感じられる。ブラックベリーの落ち着きのある甘み。 美味しいですね!(=^x^=)ガメイ万歳!

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 4.0

    2018/11/22

    ボジョレー・ヌーボー第2段 マルセル・ラピエールのシャトーカンボン、ボジョレー・ヌーボー♪ヽ(´▽`)/ 第一段よりはお値段高めですが、その分複雑さとかありがたみとかナチュール感がありますね~ うまいっす♪ 昨年の反省を活かして、食事に合わせるのでなく、食前(正確には嫁さんが子供の風呂いれおわってご飯出してくれるまで)に単体でグビグビ味わってます あと、今夜は久しぶりに呼び出しなし、明日も朝早くないのでダラダラと飲み続けたいとおもいます(゜◇゜)ゞ ヴィンテージの違いがわかるほどの舌は持ち合わせてなかったですが、昨年のんだときの味わいは意外と覚えてびっくりしました

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2018/11/20

    (2018)

    偉大なるマルセル・ラピエールの意志を受け継がれたワイン、ノンフィルで少し冷やした方が美味しーっす

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 2.5

    2018/11/19

    (2018)

    ボジョレー祭り マルセル・ラピエール ある意味、安定のボジョレーヌーボー

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 2.5

    2018/11/19

    赤い果実の香り。果実味に旨味が絡む。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2018/11/18

    (2018)

    18 2.4 ボージョレ gm 優しい口当たり、後からビオっぽい旨み

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.5

    2018/11/16

    (2018)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    待ちに待ったボジョレーヌーヴォ、今年はこちらを。ガメイ特有の香りが心地良いですね(^^)飲み口はとてもフレッシュだけど、ナッツ香も感じられコクがあって美味しいです。そして結構落ち着いた味わい。 焼き野菜、特にブロッコリーと合わせると、ほんのり甘みを出しながらジューシーな感じを楽しめます。あとキッシュが良いマリアージュをしました。パイ生地のバターと玉子の風味が重なり、そこにチェリーの香りが被さってきてとても美味しい。まろやかになって更に風味が増します。 出来たてワインなのに、何だかこちらは少し寝かせてあったかのような、ほんと落ち着いた印象です。同じのもう一本買って寝かせてみようかなぁ(^_^*) そんな感じのワイン。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.0

    2018/11/15

    ボージョレヌーヴォー楽しんできました♫ 甘ーい香りだけではなく、凝縮感あるとても濃密なヌーヴォーでした。 ポテンシャル高いワイン。 半年、1年後に楽しみたいな。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2018/11/15

    (2018)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    アルコール度12.5% ピンクがかった透き通ったルビー色。 イチゴ、カシス、ラズベリーなどの香り。 ボージョレーらしい若々しい良い香り、ちょっぴりのタンニンとほどよい酸味、甘み。 ごくわずかですが、畑土?腐葉土? 粘度は当然ながらサラサラ。 年に一度のお祭りなんだから、こんなジューシーなのもいいですよね♪ ボロネーゼパスタで。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.0

    2018/11/15

    (2018)

    マルセルラピエールに敬意を払いつつ飲む。もはや酔っ払いの私にはその資格さえないのかもしれないが、飲むのは自由だ(笑) ここ数年でいちばんきれいな造りな気がする。ピノノワールの透明感、ノンフィルターでは?と思ったら、瓶詰めの時に少し取り除いているそうです。甘み先行、そして、微かに豆っている…これは早く飲めばいいのか、待てばいいのか。神のみぞ知る、かな(笑) でも、何度でも言いますけどね、私はガメイが大好きです(^^)

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 2.5

    2018/11/15

    (2018)

    今年はビオのボジョレーヌーボー

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.0

    2018/11/15

    (2018)

    ボジョレーヌーヴォーとクリュボジョレー 試飲 最後のは樽をしっかり感じられました。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2018)
  • 3.0

    2018/11/03

    ライトテイスト! 夕方から飲み始める時に良いワイン。 クセも無く、誰にでも優しい。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー
  • 3.0

    2018/04/08

    (2017)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    先日購入したうきうきボジョレーヌーボーセットのうちの一本です。裏の説明見てみると、マルセルラピエールとなにがしかの関係があるみたいですね。 香りはミントやローズマリーのようなハーブ、小さな紫の花、ベリー感は強くなく。 味わいはほんのりタンニンと、バランスのよい酸味とフルーツ。うん、飲み疲れしない良いワインだと思います。 解禁したては、どうもやっぱり高い値段が気になり敬遠してしまいますが、旬が過ぎて安くなるととてもお買い得だと思いますね。ホントは来年とか再来年まで取っておいて飲みたいのですが、やっぱりお手頃価格のものは開けちゃいますね。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2017)
  • 2.0

    2018/02/08

    (2017)

    ヌーボー 売れ残りを安く買えたのでよしということで…。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2017)
  • 3.0

    2018/01/12

    (2017)

    くじで当たった... バナナの香りと共にガメイの味がします。

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2017)
  • 3.0

    2017/12/12

    (2017)

    タンニンしっかり芽かと感じました。 2本目のラピエールです。 1本目はイラストのエチケットの方で、フレッシュでありジューシー、フルーティーな印象でしたが、こちらはしっかりとした渋みや果実の旨味が凝縮していますね。 濃厚なイチゴジャムの香りからは自然の恵が感じられるとともにしっかりした旨味がじんわりと口中を支配していきます(^^) ここ近年のボジョレーを飲むと、ラピエールが亡くなってかからも長男マチュー・ラピエールに受け継がれさらに進化を遂げていることが実感できます♪♪

    シャトー・カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレー・ヌーボー(2017)