Ch. Beaumont
シャトー・ボーモン

3.05

774件

Ch. Beaumont(シャトー・ボーモン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ブラックベリー
  • カシス
  • 木樽
  • プルーン
  • ブルーベリー
  • レーズン
  • スミレ
  • 黒コショウ

基本情報

ワイン名Ch. Beaumont
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc
生産者
品種Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン), Merlot (メルロ), Petit Verdot (プティ・ヴェルド)
スタイルRed Wine

口コミ774

  • 3.0

    2020/11/28

    (2016)

    価格:3,069円(ボトル / ショップ)

    抜栓直後はいけてなかった。時間経過とともに徐々によくなってきたが、終始鉄臭さがあり、いまいちな印象。(好みの問題) (さ)

    シャトー・ボーモン(2016)
  • 3.0

    2020/11/15

    (2015)

    3杯目 シャートーボーモン。 頭が全部白髪になるかと思うくらいイライラやった今週、なんかちょっと濃いやつ飲みたい。 マニャンを物足らないと思ったのも体調やろか? カベソー。オーメドック。 ちょっと硬い。杉の林のようなグリーンな香り。 それに樽香。タンニンは柔らかく、まだちょっと開いてない感じがする。 飲んでるうちに、だんだん濃い色の花の香りが立ってきて、味わいもカシスとかブラックベリーのようなコクのある果実味。 飲みやすーい。最近、カベルネソーヴィニヨンの苦手意識薄れてきたかも。 グラス一杯分がちょっとだけ足らなくて、マスターが後で足します、と言われてしばらく放置。 いや、いいです、ほんのちょっと足らないだけだったから。えー、それも聞いてない。 落ち着くまで待ってよう。

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 3.5

    2020/10/10

    (2013)

    ほどよいまろやかな酸味で良かった また飲みたい

    シャトー・ボーモン(2013)
  • 3.0

    2020/09/21

    (2015)

    抜栓後から美味しく飲める。 滑らかな味わいだが、やや重厚さはないか。

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 5.0

    2020/08/19

    安ウマ〜

    シャトー・ボーモン
  • 2.5

    2020/07/11

    (2013)

    悪くない。が、同時に飲んでいるものと比較するとその単調さが明らかだ。ボーモンはいい印象があって、その通り。

    シャトー・ボーモン(2013)
  • 3.0

    2020/07/04

    フランス ボルドー キュサック村 シャトーボーモン カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ カベルネ・フラン プティ・ヴェルド タンニン強め 時間がたつにつれフルーティーに 閉じてた感

    シャトー・ボーモン
  • 2.5

    2020/06/19

    (2016)

    まろやかに

    シャトー・ボーモン(2016)
  • 2.5

    2020/06/04

    (2012)

    ボルドーを飲みたくなり、高コスパのこちらを開けました。気分は満たされましたが少し閉じ気味なので、翌日に持ち越してみます。

    シャトー・ボーモン(2012)
  • 4.0

    2020/05/06

    ボーモン 、、、、、大好き! \(^o^)/

    シャトー・ボーモン
  • 2.5

    2020/04/26

    典型的なボルドー

    シャトー・ボーモン
  • 4.0

    2020/04/11

    (2015)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    抜栓したコルクが染まった色。 グラスに注いだ色。 グラスから立ち上る香り。"ボルドー"って感じ。 一瞬、甘みを感じるけど、すぐに滑らかなスパイシーさに覆われる。スパイシーな味わいだけど、丸みのあるあっさりとした甘みが飲みやすくしてくれてるのかな。さすが、クリュブルジョワ。我々にピッタリ。 先ずは「ライオル」というフランスのセミハードチーズで頂いた。しっとりしてクセのないこのチーズとの相性はいい。 今夜のメインは鹿肉ハンバーグがメイン。

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 4.0

    2020/04/11

    このところ、、、、、 何だか、ボーモンが飲みたくなるのだ~(笑)

    シャトー・ボーモン
  • 4.0

    2020/04/05

    (2015)

    カベルネとメルローがほぼ半々なので、シルキーで柔らかな重さ。 抜栓初日がプラム主体の甘く優しい香りが強く、バランス良くベリーを感じられる。 渋みも残らず、万人受けしそうなワイン! ただコルクがすごい硬いです。

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 4.0

    2020/03/26

    ボーモン 大好きな一本! いいね~\(^o^)/

    シャトー・ボーモン
  • 3.0

    2020/03/11

    (2014)

    ㊗️vinica5年生! 新型肺炎コロナウィルスの影響により エア進級式を行いました。 シャトー・ボーモン2014 こちらも素晴らしく、コスパのよいボルドー 真紅のバラ、インク、スミレ、バランスがいいです。 濃厚民族も大満足〜(╹◡╹)

    シャトー・ボーモン(2014)
  • 2.5

    2020/03/11

    (2015)

    価格:3,500円(ボトル / ショップ)

    vinica2年生になりました! シャトー・ボーモン15 オー・メドック3連続投稿!! 同じく今日が記念日のえむ様とのコラボです(╹◡╹)。 素晴らしいヴィンテージですので最初からデキャンタージュしました。 デキャンタージュしても硬めのタンニン。 堅牢な造りのようです。 辛口に感じるけれど、果実味もある。 若いヴィンテージなので酸味はしっかり。 スミレの香り。 時間が経過して、ひととき素晴らしい香水のような香り。 そこからシナモンや杉の香りへと変化していく。 えむ様のポストはこの後になりますか。 ヴィンテージはお互いクローズということで、何年を飲まれるのか楽しみです。 えむ様、 vinica5年生進級おめでとうございます㊗️ 【追記】 ボーモンも人工コルク。 DIAM5を使用していました。 数字が小さすぎるように思いますが…。 熟成できないじゃない? デキャンタージュして飲めや!ってことでしょうか?

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 3.5

    2020/03/05

    (2015)

    価格:2,000円(ボトル / ショップ)

    色調は、黒みを帯びた濃いガーネット。 エッジはややオレンジがかっています。 香りは、黒みがかった果実味が主体で、アメリカンチェリーやプルーンのニュアンス。 黒オリーブや鼻抜けにカベルネらしい土やピーマンの香りも。 樽由来のヴァニラや白木も薫ります。 味わいは、黒系果実の果肉を感じるような厚みのある果実味が主体。 ボディ感は香りの印象に比べて強くありませんが、肉厚な苦みが呈味の骨格をなしているように感じました。 2000円そこそこという値段を鑑みるに、とても品質が良いと感じました! さらに驚くことに、栓をして1週間おいたところ、味わいにこなれた感じが出て、さらにおいしく!! ボルドー感を程よく感じられるデイリーワインとして重宝しそうです♪ ★ワイン科学雑記③ メトキシピラジン カベルネソーヴィニヨンなどで感じられる、「ピーマン香」由来成分の一つ。果梗や果皮の内側、種子に多く含まれているようです。 果実の成熟により段々と減り、収穫期の気温が上がらないと増えやすいそう。 あまり強すぎるものは好まれないことが多いようですが、個人的にはこの香りを嗅ぐとカベルネを感じられて好きです♪

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 3.0

    2020/02/08

    cs53、メルロ47。今日は食事と合っているのか、昨日のやつとは少し違うのかやたら美味い。

    シャトー・ボーモン
  • 2.5

    2020/01/27

    (2013)

    開けた時は香りが全くありませんでした。味も薄くてよくわからなかった。 ちょっと時間を開けてから飲んだ方が良かったのかも? ワインの飲み方わかりません(^◇^;)

    シャトー・ボーモン(2013)
  • 3.0

    2020/01/16

    (2012)

    2-2-2,5-3,5:10 本当はワイン飲まないはずが、嫌なことがあったので飲んでみました。ワイン?に申し訳なかったけど純粋に美味しく癒されました。8年経つと角が取れるね。たまにこういう飲み方もありだと思う

    シャトー・ボーモン(2012)
  • 3.0

    2020/01/10

    (2015)

    価格:1,200円(グラス / レストラン)

    会社同期の新年会にて。 場所を変えて、オー・メドックのシャトー・ボーモン。 マルゴーとサンジュリアンの間にあるキュサック村の畑なので、2つの中間的な味わいとか… ボルドーらしいガーネット色ですが気持ち薄めです。 黒系果実や腐葉土、なめし革など。思ったより酸あり。タンニンはまだカチっとしてますが、そこまで強くありません。 これも大人しめのボルドー。ちょっと閉じ気味かと思いましたが、また飲み干してしまいました… グラン・クリュに匹敵するというのは誇大広告だと思いますが、満足感は十分です。

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 2.5

    2020/01/06

    始終ドライだっな。 喉の奥がカーっとなる感じ。

    シャトー・ボーモン
  • 4.0

    2020/01/05

    ボーモン15 サンジュリアン系の風味あり。樽も程よく乗り、満足感高いかなり。値段でデイリーと決めつけるのはもったいない一本でした!

    シャトー・ボーモン
  • 3.0

    2019/12/29

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    クリスマスに開けて、タニックで飲みにくいなーと思って、1杯飲んだだけで5日放置笑 今日はかなり角が取れて良い感じ。余韻に蜜を感じるほどに。3000円前後としては結構いいんじゃないかと。 飲み続けるとちょっと甘ったるく感じてきた。香りもとんでる気が。いや酔ってるだけかも?

    シャトー・ボーモン(2015)
  • 2.5

    2019/12/08

    (2014)

    オーメドックのクリュブルジョワ。 初日は酸味タンニンとも強く、、、2日目にはちゃんと飲めました。 あまり冷えてるのより、少し置いた方が香りも出ておいしくなった。 料理写真 2日目 安ステーキと一緒に、ガブ飲み。

    シャトー・ボーモン(2014)
  • 3.0

    2019/11/25

    (2014)

    価格:1,500円 ~ 1,999円(ボトル / ショップ)

    開けた日はかなり酸味が強めでしたが翌日は酸味が押さえられててまろやかに。3日目でかなり香りがよく出てきました。 おいしいですね。

    シャトー・ボーモン(2014)
  • 2.5

    2019/11/04

    (2016)

    んー、香りだち含めちょっとシャバ系な感じ。コスパは悪めかもなぁ…

    シャトー・ボーモン(2016)
  • 3.0

    2019/09/29

    ワイン会にて⑤ 覚書 ボルドーの赤は、メルロー、カベルネソーヴィニオン、カベルネフラン、マルベック、プティヴェルド

    シャトー・ボーモン
  • 3.0

    2019/09/28

    (2015)

    これまた美味しいコスパの良いワイン。 ちゃんと香りも感じられるし値段を考えると素晴らしい。

    シャトー・ボーモン(2015)