Cascina Castlet Passum Barbera d'Asti
カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ

3.06

16件

Cascina Castlet Passum Barbera d'Asti(カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ドライフラワー
  • スミレ
  • ブラックチェリー
  • カシス
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • 腐葉土

基本情報

ワイン名Cascina Castlet Passum Barbera d'Asti
生産地Italy > Piemonte
生産者
品種Barbera (バルベーラ)
スタイルRed wine

口コミ16

  • 2.0

    2018/11/06

    (2001)

    価格:4,000円(ボトル / ショップ)

    カシーナ カストレット バルベーラ・ダスティ・スペリオーレ "パッスム" 2001 バルベーラらしい鋭く豊かな酸味は健在。 小さな黒果実の鋭い酸味に、少しドライフラワー、古木の香り。 澱の固まりはなく粉状で均一に溶けていました。 コルクからは若干の滲みがあり、良い熟成とは言えないコンディションではありましたが、十分に飲むことができました。 状態が良ければインクの香りとかもあったのかもしれません。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2001)
  • 2.5

    2017/11/15

    (1992)

    価格:1,000円 ~ 1,499円(ボトル / ショップ)

    バルベーラ祭り!:その43 1992 カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ ピエモンテ/イタリア ついにヤフオクデビューしちゃいましたよ! 購入は9月ですが、ついに初ヤフオクワインしかも25年もののオールドヴィンテージのバルベーラを開けてみました。 カッシーナ・カストレットはバルベーラに拘りを持つアスティの南、コスティリオーレ・ダスティに所在する家族経営のワイナリーですね。 エチケッタがヴェスパに女の子達が乗っかっている絵柄の、普通のバルベーラ・ダスティをいただいたことがありますがとてもチャーミングなバルベーラでした。 こちらのパッスムは、陰干ししたぶどうからつくられる、いわゆるパッシートのワイン。名前もそれにちなんだもので、ボトルに直接印刷された「P」?の文字というかマークも、それを表しているみたいですね。 ワインの細かい情報はボトルネックの部分に記載されていて、キャップシールはくるくる回り液漏れはありません。 コルクも健全な状態で、上部が少し乾燥気味ですが、拍子抜けするほどスムーズに抜栓できました。もしかすると、長期間立てて保存されていたワインかもしれないですね。 グラスに注いでみます。 外観はかなりレンガっぽいニュアンスの強い透明感のあるガーネット。良い熟成色に見えます。 香りは、微かに焦げた醤油、古い埃のような燻ったニュアンス、ちょっと逝っちゃってる感がありますが、甘い黒系果実、カシスのジャムやドライプルーンのワイン煮のような気持ちの良い重さや甘さを感じます。 砂糖漬けのオレンジピールのようなイキイキした香りも弾けてきて、「still alive 」アピールに思わず目頭が熱くなります…25年間よく頑張りました♪ スミレやドライフラワーの薔薇、ダークチェリーのリキュールなど、とても深い香りもあり、素性の確かさは隠しようがありませんね(笑)だんだん良い感じになってきました! 味わいは、揮発酸ぽい酸が強めで最初はやはり逝っちゃってる感がありましたが、少し経つと果実味が顔を覗かせ、普通の熟成ワインらしい落ち着いた味わいになってきました。 なんだ、普通に美味しいじゃないですか⁉︎ でも、本来なら三次元的な立体感のあるはずの味わいが、書き割りのような二次元的展開になっているように思われます。 香りは、いつ逝っちゃってもおかしくない徴候は出続けているのに、ゴージャス感もどんどん出てきて頽廃的なヤバい状態に入ってきました(汗) この状態を、ひと言で表現しようと思って、「little death 」という言葉が思い浮かびましたが、なかなかとんでもない意味でした(苦笑) このワイン、多分、長期間の常温保存による熱劣化ワインですね。ただ、もとのワインが強いので劣化の度合いがわかりにくくなっているのでは? というのが私の推測。 まあ、ヤフオクでなければ手に入らなかったであろうワインですし、本体1000円ですからね。今回は良い勉強になりました。 今日は、朝からヴァージニア・アストレイDAY。1986年リリースの『サム・スモール・ホープ』(原題:Hope in a Darkened Heart )を聴きながら職場への行き帰り、ワインに合わせて同じ1992年産の『オール・シャル・ビー・ウェル』を楽しみ、もう一度『サム・スモール・ホープ』を挟んで、最後は1983年発表の『フロム・ガーデンズ・ホウェア・ウイ・フィール・セキュア』で締めました。 イギリスの田舎のサウンド・スケープを曲の中に取り込み、なんとも言えない癒しの音楽を創り出していますね。ホントに疲れがジワーッと和らいでいきます。 どのアルバムも素晴らしいですが、坂本龍一プロデュースの『サム・スモール・ホープ』は、ついつい繰り返し聴いてしまう習慣性がありますね。これはクセになります☆

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(1992)
  • 4.0

    2017/05/19

    (2009)

    いい香り。少し年期入った感じ?でも果実感はありありでハイアルコールなのにそれを感じさせないですな。お気に入りです。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2009)
  • 4.0

    2016/11/29

    (2009)

    価格:2,000円 ~ 2,999円(ボトル / ショップ)

    お気に入りワイン。アルコール度数の高さ!15%です。開けて三日目だけど開けたてから美味しいかな。古酒っぽさが好きな人はしばらく置いてから飲んだら良いかも。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2009)
  • 2.5

    2016/10/21

    (2009)

    バルバーラダスティ。まあまあ。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2009)
  • 4.0

    2016/10/08

    (2009)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    いい香り。ずいぶん前に試飲して感動したワインで中々手が出せなかったワイン。最近値上がり激しいからね。でもお安く買えたのでよかった。ゆっくりいただきました。美味しかった。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2009)
  • 3.5

    2016/05/07

    なぜか明太子の風味を感じる。 明太子パスタに絶対マッチするはず。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 3.0

    2015/12/04

    カッシーナ・カストレットのバルベラ・ダスティ・パッスム 陰干しぶどうを使ったタイプでアルコールをしっかり感じます。干しぶどうやコーヒー、スパイスのニュアンス。タンニンはしっかりめ。でもギスギスせず、適度な重さ。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 4.0

    2015/07/14

    (2006)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    バルベーラダスティ2006 うーん。旨い。 タンニン、酸味、程好い。

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2006)
  • 2.5

    2018/01/05

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 4.0

    2017/11/19

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 2.5

    2016/12/31

    (2006)

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2006)
  • 2.5

    2016/12/09

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 2.5

    2015/09/08

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ
  • 3.5

    2015/04/25

    (2006)

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ(2006)
  • 2.5

    2014/11/08

    カッシーナ・カストレット パッスム バルベーラ・ダスティ