Benjamin Leroux Gevrey Chambertin
バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン

3.38

67件

Benjamin Leroux Gevrey Chambertin(バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • 木樽
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • スミレ
  • ブラックチェリー
  • バラ

基本情報

ワイン名Benjamin Leroux Gevrey Chambertin
生産地France > Bourgogne > Côte de Nuits > Gevrey Chambertin
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ67

  • 3.5

    2019/11/08

    (2015)

    価格:6,450円(ボトル / ショップ)

    本日の一本。 バンジャマン ルルー ジュヴレ シャンベルタン 2015。 フレッシュで良いです。 香りの良さと味の良さがマッチ。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2015)
  • 4.0

    2019/05/24

    (2010)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    バンジャマンルルー ジュヴレシャンベルタン10 友人のレストランにて食事会をしました。 私の持ち込みです。 色は濃いめのガーネット。スパイシーで複雑な香り。樽の要素は控えめに感じます。 まろやかでピュアな果実味に色々な要素が加わっており上質なタンニンと酸が良い感じです。 10年というビンテージと造り手、ボトルの妙味か、1erの酒質を感じる美味しさです。 食事にも良く合うタイプのワインで、より美味しさが増していきます。 特に写真のシャラン鴨とは抜群の相性。 このクラスの少しこなれたワインは食事を選ばないし、とても美味しいですね。 昔買い込んだグランクリュも当然ながら素晴らしいですが、それを踏まえた上で、このようなワインをじっくりと楽しんで行きたいとも思います。 味と価格を考慮して☆4つです。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 4.0

    2019/03/30

    (2011)

    香りも良かった

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2011)
  • 4.0

    2019/01/20

    ラズベリー、チェリー系の香り。 グラスがそもそも違うので、先ほどとは印象が変わってくるが、パワーが強い。 出汁感と果実味がツンとくる。 複雑さでは流石に先ほどのメオカミュゼには劣るか。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン
  • 3.5

    2018/11/16

    (2007)

    11年経ったとは思えないほど若々しく、それでいてバンジャマンらしくしっかりとした抽出が青年らしく感じられたワインでした。 もう少し開くともっと良かったかな。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2007)
  • 3.5

    2018/11/11

    (2014)

    俺の飲み。バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン 2014 ロッシーニは有料でトリュフトッピングがあったのでやってみましたが、ソースの味付けがしっかりでトリュフの香りが良く分からず、食感だけなのでいらなかったかな…。 そのロッシーニに合わせて赤に。 重めなのも考えましたが、 俺の贅沢ブルゴーニュ(メニューには、詳細は店員に聞いてね的な事が書いてあります)が、飲みたいルルーだったので、こちらにしました。 ワインはとても良心的な価格! 濃いめの赤紫ルビー。 フランボワーズなどの赤い果実と、黒い果実のハーフ&ハーフ、キノコ、インク、少し獣に、黒胡椒、皮や燻製などの香り。 味わいも赤黒ベリーは豊かで少しインキー。 滑らかなタンニン。 樽の甘やかな感じからの、アフターにスパイシーなニュアンスも感じ美味しいです。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2014)
  • 3.5

    2018/09/08

    (2012)

    ワインスクール仲間の同窓会⑦ 泡、白ときていよいよ赤に突入。めっちゃキレイな澄んだルビー色。香も味もピカイチ。 群馬県産 椎茸

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 3.0

    2018/08/15

    (2009)

    ヴェトナムから帰国。しばらくブルゴーニュ赤を飲んでいなかったので開けたワインは、バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン 2009。 色合いは淡く、エッジが僅かにブラウンだが余り熟成を感じない色合い。 口にすると綺麗な果実味が中心で複雑な味わいはなく、薄美味系の作り。 まるで白ワインを飲んでいるかの様な軽さ。 スイスイと飲める美味しさはある。 2日目に残りを頂いてみると、果実味がすっかり抜け落ち、スカスカの味わいに? ワインに力がない?とは思うが、初日に飲み切るべきワイン?

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2009)
  • 4.0

    2018/05/28

    (2014)

    或る日の寄り道♪ 2014 お久しぶりのバンジャルマン・ルルー。こちらが思いのほか美味しゅうございまして(^^ゞ 開けたてからよく開いておりまして。果実の凝縮感。タンニンは滑らかで、複雑さもございました。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2014)
  • 3.0

    2018/03/30

    (2012)

    この日のパーティーの赤その5はバンジャマンルルーのジュヴシャン2012年です。 こちらも期待しましたがやや開かず(^^; とはいえ広域ブルには無い集中力?は感じられました。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 4.0

    2017/12/23

    (2013)

    カジュアルフレンチ。バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン 2013 俺のフレンチに行って見ました。ワインリストを見ると、やはりかなり良心的。 こちらの、ミクロネゴスで若くして名を馳せたルルーのジュヴレ村名。6800円はお安いと思います。 その他の写真は、 最初にグラスで頂いた、アルゼンチン メンドーサのシャルドネ。 ズワイガニとぶりのタルタル。 エスカルゴのパイ包み的なヤツ。 フォアグラが乗った牛フィレ ジャズバンドの生演奏。 お料理はどれも美味しいかったです。 透明感の高いルビー。 チェリー、野いちごなど赤い果実、血、土、紅茶、鰹節、燻製などの香り。 濃く凝縮感のある果実味。 タンニンがとても滑らかで、口当たりの良い質感です。 スパイシーさや複雑さもあり、旨味もしっかり乗って、とっても美味しいと思いました。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 4.0

    2017/12/21

    (2013)

    ジュヴレ シャンベルタン。 飲む前は硬のかもって予想してたけど、そんな事はなく。 湿った土のニュアンスはさっき飲んだシャンボール ミュジニィに近い。酸味は少し強いかな。 酔う前に飲みたかった…。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 4.0

    2017/11/04

    (2012)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    Benjamin Leroux Gevrey Chambertin 2012 早朝15Kmのランニング後の自宅ブランチ。 初めてのバンジャマン・ルルー。 鮮やかで綺麗なガーネット色。 抜き栓と同時に華やかな フルーティな香りが、素晴らしい。 フレッシュな果実味でミネラルも 感じられる。 エレガントで主張し過ぎないタンニン感と まろやかなスパイシーさ、 複雑な味わいを感じさせてくれます。 全体のまとまりも良く、とても美味しい。 大好きなパルミジャーノ、 バルサミコソースのポークソテーを 頂きながら。 Buono. 来週後半からの香港−タイ−日本の長旅に 備えて今週末は、美味しいワインで しっかり充電。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 3.0

    2017/08/02

    (2013)

    価格:6,912円(ボトル / ショップ)

    バンジャマン・ルルー

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 3.5

    2017/06/01

    (2013)

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン 2013 ピノ・ノワール100% 少し硬めのピノの感じがしましたが、だんだんと開いて香りがよくなりました。 少しの濃いめの赤紫。 果実味しっかっり。 今回のテーマ「バンジャマン・ルルー」の飲み比べの3本目

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 3.5

    2017/05/28

    (2013)

    濃いめの色調、果実味豊か親しみやすいブルゴーニュでした。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 4.0

    2017/05/22

    (2010)

    ブルギニオンにて。 料理もお酒も最高でした!

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 3.5

    2017/02/28

    (2013)

    和食の後、バータイムのラビッスマンへ。この時間あわ以外はブルゴーニュという、ブルピノ好きには嬉しい店。目の前にボーヌとニュイが並んで、ニュイはルルーのジュブシャン。飲み比べれば明らかにこちらが好きだけど、単体で飲んだらちゃんとボーヌとニュイが飲み分けられるかというと、はなはだ怪しい(^_^;)。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 4.0

    2016/11/12

    (2013)

    イチゴやラズベリーが野性的な香りが印象的で、そこに樽の香りに花や茶葉の香りも感じられる。口に含むとベリーの酸を含んだ果実味が広がり、その後に紅茶や樽感が広がる。変化に富んだ上品なワイン。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2013)
  • 4.5

    2016/09/23

    (2012)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(グラス / レストラン)

    二杯目もソムリエさんお薦めのブルピノを出して頂けました。このレストランの名物がなんとウナギなんです。カリッカリに焼いたウナギにブルピノは絶品でした!調べてみるとポマールで、コント・アルマンの責任者として名声を博したバンジャマン・ルルー。 英国人の支援を得て、2007年からボーヌを拠点に、小規模なネゴシアン・ビジネスを開始しました。 ラインナップはコート・ドール(シャサーニュ・モンラッシェからジュヴレ・シャンベルタン)に限っており、耕作契約、または将来的には畑を購入するつもりで、ブドウを育てています。バンジャマン・ルルーは将来有望な造り手で、継ぎ目の無いテクスチャー、オークの影響を極力抑え、ピュアな果実味を表現する達人です。バンジャマンが最も好きな白ワインのブドウ畑は、オーセイ・デュレスとムルソーの間の境界、レ・ヴィルウィルの辺りです。レ・ヴィルウィルのムルソーは、ムルソーの自然な重みに、オーセイ・デュレスの横の谷間に特有のフレッシュなミネラルが加わり、バランスの良い味わいが特徴とのこと。美味しかったです。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 4.0

    2016/09/21

    (2012)

    ベリーの香りに少しずつ上品な花の香りが加わっていく、とても清々しいワインでした。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 4.0

    2016/03/11

    (2012)

    価格:10,800円(ボトル / レストラン)

    湯主一條にて

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2012)
  • 4.0

    2015/08/08

    (2010)

    価格:4,850円(ボトル / ショップ)

    念願のバンジャマン・ルルーです。10のジュブレイ・シャンベルタン。 濃い訳ではないのに、各要素がしっかりしていて余韻も長い!はぁ美味しい‼ 知り合いのソムリエさんにうんちくを聞いてなおさらですがニヤニヤしながら呑んでます。 どうやらこの作り手さん、 コント・ラフォンいたらしく、白を作るのがとても上手とか。そんな人が何時かは赤を作りたいと頑張った結果がこのワイン! にやけが止まりません! セラーから出したばかりは酸味とタンニンが3歩前に来る、今は大きいビー玉の丸さとテカりと力強さ!を呑んで感じてます。 とても色っぽいワイン!ダンディーな。ちょっとクリスチャン・コンスタンを思い出しました!←フランスにいたときのパトロンです! 今日は2日目なので、最後の一杯だけ残すつもりが無くなってました! おっと、香りは色々してます!梅もいるし、肉もいるし、樽、花、香ばしさ。 美味しい、美味しいなぁ! ボトルのとっておこー!

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 3.0

    2015/07/25

    (2010)

    昨日はバンジャマンルルーのジュブシャン10。 骨格はしっかりあるけどやや細身で生真面目な感じ。幸せー

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 4.0

    2015/05/23

    (2011)

    コサールの後は...ウーン..やはりバンジャマン ルルーかな?と言う事で、バンジャマン ルルーのジュヴレ シャンベルタン2011です。コサールの後でも最高に美味しいです!今、一番好きかも?です!

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2011)
  • 4.0

    2015/05/19

    (2011)

    バンジャマン ルルーのジュヴレシャンベルタン2011です。毎度の事ですが、本当に感動の旨さ!このツヤ感が信じられないほど美味しいです!,12の彼の上級キュヴェ、絶対飲みたいです!

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2011)
  • 4.0

    2015/04/26

    (2011)

    価格:7,000円 ~ 9,999円(ボトル / ショップ)

    ボディーよりは香りか。時間おくと変わるかな?

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2011)
  • 3.0

    2015/04/01

    (2010)

    最初は酸が勝ち気味で去年飲んだシャンボールと真逆。アフターも長くなく期待値以下。2杯目からは向上したもののサヴィニーで感じたテロワールの表現力が分からなかった…

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 2.5

    2015/03/22

    (2010)

    ビオデナミっぽいっちゃあ、そうかも。

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2010)
  • 4.0

    2014/12/15

    (2009)

    ボトルオーダーの際のテイスティングの記憶しかないけど、目の覚めるような凝縮感とミネラル感でした。 次回こそフルボトルで飲みたい!

    バンジャマン・ルルー ジュヴレ・シャンベルタン(2009)