BK Wines Gower Pinot Noir
ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール

3.00

6件

BK Wines Gower Pinot Noir(ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • バラ
  • クローブ

基本情報

ワイン名BK Wines Gower Pinot Noir
生産地Australia > South Australia > Adelaide Hills
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ6

  • 4.0

    2019/03/03

    (2016)

    もう開いてる華やかなピノ。キレイに抽出された明るい赤い果実味。柔らかく分かりやすいボディー。

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2017/11/19

    (2016)

    自然派系のようだが、意外にいける。 ルーシー・マルゴーを試すために、仕方なくセットで買わされた1本。自然派ワインとかハンドメイドとか言われると、いつも眉にツバを付けるのだが、これは飲んでみると結構良い。ビオ感は最初だけで、落ち着くと全房からくるスパイシーな風味が後を引く。果実味も程々で収まり、酸もまずまず。5千円はギリギリの線か。 自称自然派やSO2をただ減らしただけの不安定なワインは全く好きになれないが、しかし偏見もダメだな。

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール(2016)
  • 2.5

    2016/08/14

    (2015)

    価格:5,800円(ボトル / ショップ)

    ニュージーランド生まれのブレンダン キースは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今、オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地、南オーストラリアのバスケットレンジで、その名声の一翼を担うに値する作品を産み出しています。 NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、かつてオーパス・ワンの醸造ヘッドを務め、その後ロシアンリヴァーヴァレーに自分の名を冠したワイナリーをスタートしたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。 その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャ コボスの設立に参加しました。 また昨年秋には、Le Grappin(Andrew Nielson)とブルゴーニュでコラボしたガメイを醸造しました。醸造に立ち会ったChanterivesの栗山さんは「Brendon のプロフェッショナルな仕事ぶりには学ぶところが大きいです。SO2を最小限に抑えても破綻の無い作りで、あの品質を保てるのですから凄いです。」と絶賛しています。 ベリー、ハーブ、花など複雑な香り。 酸味しっかり。 余韻しっかり。

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール(2015)
  • 2.5

    2017/09/08

    (2015)

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール(2015)
  • -

    2016/09/26

    (2015)

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール(2015)
  • 2.5

    2015/10/31

    ビーケー・ワインズ ゴーワー ピノ・ノワール