Alain Hudelot Noellat Bourgogne Pinot Noir
アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール

3.15

112件

Alain Hudelot Noellat Bourgogne Pinot Noir(アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • ブラックチェリー
  • 木樽
  • ブラックベリー
  • バラ
  • スミレ
  • なめし皮

基本情報

ワイン名Alain Hudelot Noellat Bourgogne Pinot Noir
生産地France > Bourgogne
生産者
品種Pinot Noir (ピノ・ノワール)
スタイルRed Wine

口コミ112

  • 3.5

    2020/05/05

    (2017)

    アラン ユドロ ノエラ、ブルゴーニュ ルージュ 2017。 甘酸っぱい木苺、赤果実の香り。 酸と果実味のバランスがいい。 小さいながら凝縮した良く出来たACブルゴーニュ。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/05/03

    (2017)

    今日は開栓1時間くらいから始めた。 初めはやや酸が立った印象だが、早めにワインは開いた。 やはり好みのワイン。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2020/05/03

    (2017)

    価格:3,420円(ボトル / ショップ)

    ユドロノエラの’17 ブルゴーニュルージュ 赤果実主体の甘いベリーの香り。 酸主体の柔らかい飲み口、フレッシュなラズベリーや木苺の果実、タンニンは非常に滑らかでミネラルを伴った余韻に続く。 構成はシンプルで飾り気はないが、滋味深い。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/04/29

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ・ルージュ 2017 抜栓後一瞬、やってしまったかと思いましたがすぐバランスが取れてきます。酸味は少し強いですが美しく、抑制された甘味。 普段は実店舗で購入しているのですが、この情勢なのでネットショッピング…は、恐ろしいです。 自粛のGWは2017AHN祭り、個人的に開幕です。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/04/25

    (2017)

    うまい。 滑らか。 香りも豊潤。 余韻も長い。 値段と味わいを考慮するとコスパ最強。 買う機会あればリピート決定。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/04/10

    (2017)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    このお方のワインも、安いお店では争奪戦となって参りましたね。 アランユドロノエラ 17年 ブルゴーニュルージュ 勿論まだまだフレッシュな味わいですが、果実と酸のバランスが良く、滑らかなタンニンで、いかにもシャンボールミュジニーなワイン。除便されクリアかつ、17年らしく既に親しみやすい味わい。 適度な抽出、程よいオークフレーバー。口中にじんわりと旨みが広がる、滋味深いワイン、アランユドロノエラ、大好きです! あぁ、鴨が食べたくなってきました。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/02/29

    (2017)

    立派で長いコルクが示すように、とびきりの AC Bourgogne PN 開栓3時間くらいから開始。 赤いベリーの香りから始まり黒胡椒、サフラン、ローズマリーのような薫りも。 しっかりした酸、よくこなれたタンニン、甘味すら感ずる旨味が調和。 若いワインだが、今から飲み頃なのでは。 クミンを効かせた紫キャベツのザワークラフトを合わせた赤身のローストビーフと素晴らしいマリアージュ示した。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/02/22

    (2017)

    ユドロノエラのブルゴーニュ。 若いヴィンテージなので、勉強に近い

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2020/01/28

    (2017)

    ブルゴーニュ広域 ピノ・ノワール 2017年 赤紫系のベリー香、アセロラ、土っぽさ、甘やかなスパイス、仄かにバニラ。 雑味のないクリーンな香り。 口に含むと、樽由来のロースト感を伴ったダークチェリーの甘やかさと、それに釣り合う酸味もしっかり。 収斂味は穏やか。 比較的重心が低めの飲み応えのある酒質。 若さゆえ?、まだそれぞれの要素が調和していない感はあるけど、エキスは充実してる。 アタックから余韻までブレないキャラだけど、少し酸が前面に出てスパイシーなフィニッシュ。 エレガント…ってキャラでは無いですが、飲んでて過不足感の無いしっかりさんキャラだと思いました(^ ^) コルクもスベスベで長く…ノエラさまの(底辺ながら)雰囲気を楽しめました♪

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.0

    2019/10/06

    (2014)

    コルクは5.5cm。裾モノでも長め。 2014は地道なカンジ。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 3.5

    2019/09/30

    (2016)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    Alain Hudelot Noellat Bourgogne PN 2016 創作和食のお店で… 赤はこちらのワインに♪ しなやかでなめらか、とってもバランスのとれた滋味深い味わい。チェリーにベリー、樽香も良い。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.0

    2019/08/25

    (2017)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ・ルージュ 2017 つい数ヵ月前に2016を飲んだと思ったらもう2017ですね。チェリー系の果実味が中心なのは変わりませんが2016と比べるとやや黒果実系のニュアンスが強く酸味・青さが強めに思われます。 何が違うかと言われると難しいのですが、やや複雑味に欠け2017と2016では2016の方が好みかな…と。個人的には2017に頑張ってほしいのですが(笑) さて97ポスト。98~100はもう決めているのです…期待どおりだとよいのですが。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2017)
  • 3.5

    2019/07/13

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    楽しい楽しい三連休♪ アランユドロノエラ15年広域を飲みながらスタートです! 軽やかな赤果実にバラの香り、香りの重心が高く鼻に抜ける感じ。肉なら牛じゃなく鳥の香り方。酸も綺麗ですが、何処か陰があって、いかにもシャンボールミュジニーなワイン。 ヴージョ プティヴージョも美味しかったですが、シャンボールのワインも飲みたくなりました!

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2019/05/25

    (2016)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ・ルージュ 2016 5000円予算の贈答用ワイン選び2日目。ワイン自体は2ヵ月前に同じのものを飲んでいるので評価は変わらず、個人的には広域としてはとても好みですが、やはりこれも開けてすぐ美味しいという感じではないのかな…とも思えて悩ましいところです。明日に続く? そして10%オフに釣られて余計なものに手を出す結果に…

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2019/03/09

    (2016)

    価格:5,000円 ~ 6,999円(ボトル / ショップ)

    ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ・ルージュ 2016 ヴォーヌ・ロマネに引き続きACブルゴーニュ。香りは赤黒果実が香り甘さはチェリー系主体に感じられる。酸味は少し時間を置けば落ち着いてバランスが取れ、タンニンは控え目。凝縮感はないけど複雑味があり、今飲んで充分に美味しい…が、抜栓後すぐは微妙。 ACブルゴーニュとしてはやや高いが美味しい。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2016)
  • 3.5

    2018/11/27

    (2014)

    価格:3,000円(ボトル / ショップ)

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ルージュ 2014 グラスからはオレンジの皮の香り。 一口飲むとラズベリーやフレッシュなオレンジの香りが口の中に溢れます。 いままでブルゴーニュでオレンジの香りのイメージはありませんでしたが、酸味のタイプがそう感じさせるのでしょうか。 酸味はかなり豊富で舌に長く残り、普通ならむせそうなくらいの酸味なのですが、何故かスムーズに飲めます(^^) なかなか興味深いブルピノでした。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 4.0

    2018/10/26

    (2012)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    日経平均が1ヶ月で3000円以上下がる中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 TGIF、本日はユドロノエラのACブル12年を頂きます。 好みのちょい熟状態で、落ち着きのある黒果実、鉄、すみれに紅茶、僅かにコーヒー。果実の甘さと、酸味、ミネラルのバランスが良く、スイスイ飲んでしまいます♪ プティヴージョも美味しかったユドロノエラ、今の内に色々買い漁りたいです。 21年振りに、もののけ姫を見ながら頂きました。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2012)
  • 3.5

    2018/09/24

    (2014)

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2014 こちらのACブルゴーニュは、シャンボール・ミュジニィの国道の東側にある18の区画から造られるそう。 やや濃いめのルビー。 赤黒果実にスパイス、スーボワ。 果実味はしっかりと感じられるものの全体的には固い印象。風邪からの鼻づまりが中々治らなく スパイシーな部分だけを舌が拾ってる感じですが ACブルとしては かなりバランスが良いのでは...と思いました。 先週、札幌日帰りした時に寄った お蕎麦屋さんには 高級ブルの空瓶がズラリ( ; ゜Д゜)

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 3.0

    2018/09/19

    (2015)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    11年プティヴージョが、とても美味しかったユドロノエラ。15年広域、もう少し置いておくつもりでしたが…札幌の物流も回復しているようですので、もう一度買うつもりで頂いてみます。 凝縮した黒系果実、一瞬だけ昆布の様な、キノコの様な出汁の香り、その後は鉄。まだまだ早いのは間違えなく、タンニンが少しザラつきますが、美味しく頂けました。 北海道は苫東1号が、再稼働したそうですね。冬に向けて不安は残っているでしょうが、一安心でしょうか。 因みに、広域でもタグが付いてました。知らずにクルクルして破いてしまうのがワイン好きの年寄りなのだとか… 私も、あれ?回らないな?とやってから気付きましたよ…(*_*) 気を付けます。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2018/09/17

    (2015)

    裾モノとは思えない厚みのあるブルピノ。 飲み頃はずっと先だと思いますが、いまでも美味しい。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.0

    2018/08/10

    (2014)

    価格:3,000円 ~ 4,999円(ボトル / ショップ)

    楽しい楽しい夏休み♪ 一本目はアラン ユドロ ノエラ。トラペで修行していたシャルル ヴァン カネットさん、アラン ユドロ ノエラを継ぐ事になって、ご実家のトウモロコシ畑を継ぐ人が居ないそうです。フランスのトウモロコシ、美味しそうですけどね。 14年は殆ど全房発酵なしだそうですが、このクラスを超えた強いストラクチャー、ポテンシャルは感じますが、一時間は全く開かず。その後も僅かに姿が見えたような、見えなかったような。今日はタイミングが良くなかったようです。 15年もあるのですが、いつ飲めるでしょうか〜

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 3.5

    2018/07/13

    ユドロノエラ ブルゴーニュ ルージュ 2015 やや濃い目のルビーレッド 粘性は高め 香りの印象としては、まだ固く開いておらず、グラスの底に沈む感じ。 新鮮な赤いベリー系とチェリーの香り。バラやナツメグ、森の下草のニュアンスも。 若々しく幾つかの香りの要素を内包しており、数年である程度の発展は期待できる。 やや強めのアタック。 ラズベリーやクランベリーを思わせる果実味。熟れてはいるがグッと反発するような固さがある。 酸は爽やかで溌剌としてグリップがある。持続性があり最後まで途切れる事なく全体を貫いている。 アルコールは12%でミディアムボティ 若い中程度の渋味があり、中程度の余韻には僅かにほろ苦さが伴う。 若く張りのある固い果実味が中心。 果実味、酸味、渋味など上質だが、 それぞれが個別に主張をしており全体としての纏まりを見せるのは、一~二年位の時間が必要かもしれない。 開けてから一時間は、かなり固い状態であった。 ブルゴーニュの良年と言われる2015 このワインの飲み頃は少し先かもしれない。 しかし、このワインを開けた事に後悔は無い。 この生産者だけで判断は出来ないが、ACブルゴーニュ ルージュでこれだけの力があるということを認識して、 それをお客様へのサービスにいかに繋げて行くかと言うとこをソムリエは考えなければいけない。 本来のテイスティングの目的とは個人的な主観や味の好みではない。 そのワインの持つ特徴、状態、銘柄と味わいの価格バランスなどを分析する客観的作業である。 その作業の結果を、どう顧客の好みにマッチングさせていくかが仕事である。 と改めて思う今日この頃である。 なあ~んてねΨ( ̄∇ ̄)Ψ

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール
  • 3.0

    2018/07/08

    (2015)

    Alain Hudelot Noellat Bourgogne Pinot Noir 2015 まだ、開けるには早いと思ったが、2015の特徴とAlain Hudelot Noellatの造りが気になり抜栓。 フレッシュなイチゴ、イチゴキャンディーの甘さ。 樽香やタンニンもはっきりしていて、まだ溶け込んではいない。 ミネラルも淡く、余韻も短いが透明感のある綺麗な造り。 シャンポール・ミュジィニーのブドウで造られているらしい。 もう少しワインに深みが欲しい。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 2.5

    2018/05/02

    (2015)

    2015 自宅に戻りまして。中途半端な寄り道のせいでしょうか、ちょっと物足りなく感じられまして。。。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.0

    2018/04/02

    (2015)

    2月未アップ分。写真だけ。。。 2015 こちらも美味しいのですが、順番が逆でしたね(^^;

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2018/03/17

    (2012)

    お家でのんびり飲み直し〜(^^)

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2012)
  • 3.5

    2018/03/07

    (2014)

    何年かぶりに頂きました。 長いコルクが特徴的ですね。 以前何度もリピートしていましたが、近年はブルピノの価格としてはちょっと手を出し辛い価格となってしまいました。 しかしながら、やはり美味しいです。 旨味たっぷりの綺麗なピノ・ノワールです。 2014ながら複雑な香り、赤い果実やベリー、枯れた花や少しの革もあり、スワリングが楽しいです。 程よいミネラルが爽やか、かつボディの幅を広げていますね。 確かに美味しいのですが、…。 良い村名も買える価格帯ですから、リピートは微妙ですw また何年後かに頂いてみましょうか?

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2014)
  • 3.5

    2018/02/03

    (2015)

    ユドロノエラ ブルゴーニュ ルージュ チェリー、優しい お手ごろらしいので探してみよう!

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2018/01/17

    (2015)

    家飲み

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)
  • 3.5

    2017/12/19

    (2015)

    お鍋にピノ~。 アラン・ユドロ・ノエラの蔵人さんも、まさか鱈鍋と合わせるなんて、想像も出来ないだろーなー。 でもブルピノは鱈にもあっちゃうんです。ってポン酢マストなんですが。 シャンボール・ミュジニーのAOCのクリマのピノだそうです。そう聞くと、綺麗さが前にでる酸も果実味も滑らかなタンニンのバランスもさらに美味しく感じてしまいます。 AOCながら抜栓直後にボトルから香水のような赤い花の香りが放たれて、ビックリしました。

    アラン・ユドロ・ノエラ ブルゴーニュ ピノ・ノワール(2015)