Aile d'Argent
エール・ダルジャン

3.52

366件

Aile d'Argent(エール・ダルジャン)
味わい
ボリューム軽い
重い
タンニン控えめ
強い
甘みドライ
甘い
酸味まろやか
シャープ
果実味スパイシー
フルーティ
香り
  • 蜂蜜
  • 木樽
  • グレープフルーツ
  • 黄色い花
  • 洋梨
  • 黄桃
  • バニラ
  • 白い花

基本情報

ワイン名Aile d'Argent
生産地France > Bordeaux > Haut Médoc > Pauillac
生産者
品種Sémillon (セミヨン), Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン), Muscadet (ミュスカデ)
スタイルWhite Wine

口コミ366

  • 3.5

    2019/05/20

    (2003)

    ムートンの白。 ソーヴィニヨン・ブランの青々しさはあまり感じないくらいの熟成感。

    エール・ダルジャン(2003)
  • 4.0

    2019/05/19

    ムートンの白(^-^) 熟成感 素敵です

    エール・ダルジャン
  • 4.0

    2019/05/02

    (2015)

    まだ若かったかな? 世間同様、令和にかこつけて開けてみました 若くても、美味いと感じる凄さ

    エール・ダルジャン(2015)
  • 3.5

    2019/04/18

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    「エール・ダルジャン 2015」 ロスチャイルドのブラン❣ ボルドーの優雅なワインで好きな味です♡ 旅館二泊目は体調がイマイチの主人が食べるより寝ていたいと言うので、主人用に簡単な夕食を作ってもらい、前日の夜に来た娘と私は美味しいお料理とボルドーブラン♫ こちらの梅干しが絶品♡です 飲んだ後は娘の部屋で就寝❣ ゆっくり静かに寝てもらうのも思いやり(?_?)

    エール・ダルジャン
  • 3.0

    2019/04/13

    (2008)

    白はボルドーから。セミヨンとソーヴィニオンブラン。桜の香りを楽しみながら。

    エール・ダルジャン(2008)
  • 3.5

    2019/03/05

    (2013)

    黄桃や洋梨にミントの香り。すっきりした酸とミネラルに樽香が絡む。

    エール・ダルジャン(2013)
  • 4.0

    2019/02/24

    (2009)

    芦屋ワイン会〜 3本目はクレペンさん持参の白〜 エール ダルジャン 2009年 シャトームートンロートシルトが作ってる白ワイン〜 優しいクリアな口当たりでまろやか(^O^) 樽香にハチミツ、パイナップルやメロンの果実味も。 そしてここからいきなりブラインド対決へと急展開〜 ワインの知識に火花飛び散る心理戦! 間近で見れて面白かった〜♪ クレペンさんありがとうございました!

    エール・ダルジャン(2009)
  • 4.0

    2019/02/23

    (2014)

    価格:13,500円(ボトル / ショップ)

    AOCボルドー ソーヴィニヨン・ブラン57% セミヨン43% ソーヴィニヨン・ブランなのに色調が濃いのは珍しい ハチミツ、ホワイトマッシュルーム感じ(熟成の特徴)、黄桃、木なり果物の洋梨、セメダイン(科学物質) 酸味、果実味共に中程度より強め 余韻が長いのは複雑で旨味(熟成した感じ)が出てるから

    エール・ダルジャン(2014)
  • 3.5

    2019/02/23

    (2009)

    さてさてここからは 毎度おなじみ白尽くし しかも今回はブラインド対決 1本目はくれぺんさん持参 グラスに鼻をつっこむと すぐにわかる骨太ソーヴィニオンブラン ボルドーだのローヌだの言ってると くれぺんさんがヒントを小出しに すると白猫さんが見事ご名答 つるりとした口あたり レモンやヴァニラ、カスタード ミネラルもソコソコ感じました。 くれぺんさんごちそうさまでした。

    エール・ダルジャン(2009)
  • 3.5

    2019/02/23

    (2009)

    くれぺん星人の襲来その1 20XX年地球は14万8千光年離れた大マゼラン星雲にあるくれぺん星からのくれぺん星人の襲来を受けた。 迎えうつ3人の地球戦士 美女と野獣と白猫と宇宙人 4つどもえの闘いがここ芦屋のイタリアンBで繰り広げられたのであった まずはジャック・セロスのイニシャルで乾杯 て白猫いなーいっ! その頃白猫は自宅で黒猫と闘っていたのだった。 黒猫め黒猫め黒猫め 時間指定の集配に遅れるわ荷物は忘れるわで大モメ(-_-#) 開始時刻に30分以上遅れる大失態。 あかん美女の眉が片方上がっとる 野獣が咆哮しとる 宇宙人は第三形態になっとる球型 ひとしきり謝ったあといきなりセロスの泡がぶ飲み コクのあるブランドブラン! そしてyamawaki泡風呂王子の持ち込みの泡 なんですかこの金ピカの壺は? くしゃみしたら出てくるんすか?大魔王 シャンパーニュ・ ドゥ・ヴノージュ ルイ・ドール・ブリュット1996ミレジム 初めて見ました。ルイ15世とか出してるメーカ一ですな(^o^) うーん20%!(シャルドネセパージュ比率当て) 正解は?誰も知らない?じゃあ正解ということで(笑) やや苦味もあるクリアですがコクもあるシャンパーニュ。ムニエも絶対入ってますね。 yamawaki泡風呂王子いつも珍しい泡をありがとうございます(_ _) で、まずくれぺん星人からの挑戦状① 色合いはペールイエロー 鼻を近づけただけですぐわかる青草の香りSBですね かなりコテコテのソービニブラン でも綺麗な酒質でグラーヴですか? まさかロワールの? いやボルドー白なのは間違いない これは飲んだことあるな この甘味セミヨンも入ってますね ではズバリ シャトー・ムートン・ロートシルト エール・ダルジャン2009年 当たり?( ̄ー+ ̄)フッ 遅刻の汚名をはらすブラインド大正解(笑) あ料理も紹介できず(>_<) とにかくドタバタのワイン会でした(^o^) 美女と野獣と白猫の宇宙人との闘い 勝つのは誰だっ? 続くっ!

    エール・ダルジャン(2009)
  • 3.5

    2019/02/23

    (2009)

    白猫様討伐、芦屋の巻その3、いよいよ白猫様にブラインド攻撃を仕掛ける当方の刺客一人目は、エールダルジャン2009年です。 ほぼSBでグラーヴっぽくなく持ち込みで出してきそう、とするとかなり絞られますが(笑)、お見事❗的中されました。 レモンクリームにグレープフルーツ、ヴィンテージからもう少し果実味強いかなぁと予想してましたが、少し前に飲んだ2010年や2015年と似た程度でした。

    エール・ダルジャン(2009)
  • 4.0

    2019/02/21

    (2014)

    綺麗なゴールドイエロー( *ฅ́˘ฅ̀*)♡♡♡ はぁ。幸せな香りです。 トロピカルで華やかな味わいにミネラル感。 余韻も良いですね…✨✨✨

    エール・ダルジャン(2014)
  • 3.5

    2019/01/19

    (2010)

    この日のワイン会の白、エールダルジャンの2010年です。 レモンクリームの香りが特徴的な上品な味わい。数日前飲んだ2015年に比べれば香りの多彩さはこちらですがエレガントさは2015年といったところで良い勝負かな。

    エール・ダルジャン(2010)
  • 3.5

    2019/01/17

    (2015)

    この日のワイン会の白その4、エールダルジャンの2015年です。若いと苦めの後味が先行するイメージのあるワインですが、こちらはその苦味が無く、すっきりした青リンゴ、白桃のニュアンス。2015年はやはりボルドー白は特に良いようです。

    エール・ダルジャン(2015)
  • 4.0

    2019/01/02

    (2015)

    大晦日3本開け② エールダルジャン 2015 液体はトロリンコでとってもオイリー。色も濃い黄色。 熟したリンゴや黄桃、黄色い花。 スワリングすると 甘ーい 樽バニラ、シェリー香。 アタック強めでヴォリュームもあり 酸は弱め。 美味しいのですが、2015にしては この個体、熟成が進んでる様な気もします... タラバガニは 剥くの面倒くさいので あらかじめ全部剥いて 皿に山盛りにしました(笑) ミソも混ぜちゃえ~w

    エール・ダルジャン(2015)
  • 3.0

    2018/12/30

    (2015)

    価格:9,900円(ボトル / ショップ)

    WA 93

    エール・ダルジャン(2015)
  • 4.0

    2018/11/27

    (2000)

    シャトー ムートン ロートシルト、エール ジャルダン 2000 抜栓仕立てはソーヴィニョンブランのハーブ系の香りやアンモニアのような香り、途中からセミヨンが顔を出し、白いお花や林檎のような香りに。林檎を丸かじりしているようなきゅっとした感じもあります。 時間が経ってくると芳しいヴァニラやカスタードの濃厚さも… 最後には甘いキューバンシガーの香りとともに長い余韻を楽しみました♫ 銀の翼〜先日のオーブリオンブラン01に比べると何たる完熟ぶり… お猫さま、貴重なワインを惜しみなくご馳走さまでした。エチケットの天使と猫が重なって見えました✨

    エール・ダルジャン(2000)
  • 3.5

    2018/11/20

    (2000)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    世は新酒祭り いきつけのシガーバーに持ち込んだのは今夜のディナ一の残り ボージョレヌーボーと対極をなすボルドー白の熟成もの シャトー・ムートン・ロートシルト エール・ダルジャン2000年 コルクは健全。 SBの香りが開けたては強く広がり そうピーマン臭というか思わず漏らしたかと思う猫のオシ○コ(笑) 強めの酸味でまだまだ10年はいけそうなボル白2000年。 しかし時間とともにセミヨンのフラワ一の香りに果実味の甘味と樽由来なのかヴァニラ香も出てきてツルツルとした球体の鉄を舐めてるかのようなミネラル感。 一本筋の通った酸味の骨格が全体を支え気付けばSB香は奥へと控えロの中で丸まるミネラル感の塊。 ええいっ皆飲め カウンターに居た客全員に振る舞うお大尽様白猫です。 最後にキューバンシガーをふかして至福の時間を終えた無自制心白猫は 王子(4才)の早く帰ってパパ電話を裏で操る恐怖の最高位様の怒りに触れないようそそくさと帰る腰抜け白猫にすぐ戻ります(>_<) 教訓。深夜4才児が1人で携帯をいじって父に電話をかけられるわけあるかーっ!

    エール・ダルジャン(2000)
  • 4.5

    2018/11/18

    (2016)

    アタックはライム、グレープフルーツなどの柑橘系の香りにオイリーなニュアンス。 すぐにアプリコット、黄桃、などの果実味にカスタードやバターも✨ ふくよかでエレガントで、酸もとっても綺麗✨✨✨ 余韻もずっと続き…とっても美味しいです♪

    エール・ダルジャン(2016)
  • 3.0

    2018/10/06

    (2015)

    価格:10,000円 ~ 29,999円(ボトル / ショップ)

    香りはソーヴィニヨン・ブランの方が強いかな。 前日抜栓した際、樽香がまだ強くミントやバニラ香が前面におし出ていて、白い花、柑橘系の果実が弱々しかったが、一晩置いて自分好みの調和が取れ始めた。 香りのヴォリュームはブルゴーニュのグランクリュ並みに爆発している。 味わいのビターチョコの様なほろ苦さが、このワインのピークがまだまだ先にあることを暗示させてくれるが、それもまた勉強。 補完的に使われているというセミヨンは隠れていて、甘みがなく、かなりドライなお味のワイン。

    エール・ダルジャン(2015)
  • 3.5

    2018/10/01

    (1996)

    コレも事故ワインのアウトレットです。 元の値札にヒヤヒヤしながら買って…あとで調べてびっくり(@_@) エール・ダルジャン ブラン 1996 シャトー・ムートン・ロスチャイルド まさかのムートンの白ワインでした(⌒-⌒; ) 抜栓直後より熟成香、金木犀、蜜、樽由来、ふわりふわり… 旨味、甘味、とろ〜りと舌にまとわります、、良い歳を紡んでいますね〜(≧∀≦) 少し時間を経て口に当ててびっくり((((;゚Д゚))))))) 柑橘系の香りが立ち、酸が立ちグレープフルーツの味わいとともにあの苦味も溌剌と感じます。時間とともに若返る??? まだまだ元気です〜 明日を楽しみにここまでとしました(*^_^*) 残り物野菜のソース炒めなど合わせました。 後半は小布施の日本酒 (⌒-⌒; )… ソガ ペール エ フィス トロワ2017 ナチュール特有のピリピリ感を少し感じます。 爽やかでさらりとした甘口ですが後味はスッキリ、隠れた酸が綺麗な後味にしている… イイワ~ ヒサビサデスヨ !!!

    エール・ダルジャン(1996)
  • 3.0

    2018/08/31

    (2017)

    価格:10,000円(ボトル / ショップ)

    ボルドープリムール試飲会にて。

    エール・ダルジャン(2017)
  • 3.5

    2018/08/16

    (2010)

    グランヴァンと信州伝統野菜の天ぷらの夕べ③ 初エールダルジャン❗️ メントールやミントの青い香り。アルコールを感じ、ボリュームがあると感じる。やや硬いか。

    エール・ダルジャン(2010)
  • 3.5

    2018/08/02

    (2010)

    ワイン仲間のお友達のバースデーパーティー。市ヶ谷のフレンチCさんにて。 ここから4連続で、他のテーブルの方からちょこっとだけお味見をさせていただいたワインたち。 1. ブラインドでいただいた、エール・ダルジャン。ソーヴィニヨン ・ブランとセミヨンで、ボルドー白とすぐにわかりましたが、造り手まではわからず。樽のお化粧少なめで、美味しかったです。お隣のお友達は見事正解ー。 2. サンタバーバラのピノ。ブリュワー・クリフトン、エチケットが可愛い。この日いただいた唯一のピノ、なかなか濃ゆいです。 3.シャトー・デイッサン 2012 やはりまだまだ若い印象ですが、美味しかったです。 4. ドゥーツ・キュヴェ・アムール ・ド・ドゥーツ ボトルのお写真撮り忘れ。初めていただきました。とてもエレガントで素敵なシャンパーニュ。

    エール・ダルジャン(2010)
  • 4.0

    2018/07/22

    (2009)

    Aile d'Argent 2009年。エール・ダルジャンはシャトー・ムートン・ロートシルトが作る白ワインです。花や蜂蜜の香りがする華やかなワインです。前菜やロケットサラダと良く合うのでシャンペンの後で飲むと楽しい気分になります。❣️

    エール・ダルジャン(2009)
  • 3.5

    2018/07/10

    (2013)

    シャトームートンロスチャイルド。 シャトームートンで白はなかなかないらしいです。濃くて、花の香りがすばらしい。

    エール・ダルジャン(2013)
  • 3.0

    2018/07/07

    (2017)

    徳岡さんのプリムール試飲会にて、エールダルジャン2017。流石になかなか美味いですがこのクラスは少し別格感は欲しいところ。

    エール・ダルジャン(2017)
  • 2.5

    2018/06/29

    価格:450円(グラス / ショップ)

    正確には、2.8 カスタードと福神漬けの香りがした…笑 味はバナナ、カスタード、 濃厚系白ワイン、色は黄金色で本当にキレイ。

    エール・ダルジャン
  • 3.5

    2018/06/06

    (2014)

    エール ダルジャン 2014 気軽ないい感じのワイン会。 内容は充実、いいセレクト。素晴らしい。 飲み頃。美味しい。ボルドーの白は時としてすごく飲みたくなりますが、今日はタイミングがよかった。

    エール・ダルジャン(2014)
  • 2.5

    2018/04/29

    価格:450円(グラス / ショップ)

    エール・ダルジャンは銀の翼の意味。 バロン・フィリップ・ロートシルトは、 白ワインも作ってたが、1956年の大雹害 以後 やめて1991年から再開始。 ソーヴィニヨン・ブラン60% セミヨン38% ミュスカデ2% 正確には、2.8。美味いけど 樽感と言うか、バニラやハチミツの感じが 割と強め。もう少し果実感があれば嬉しい。

    エール・ダルジャン